言葉集

「やまのあなたの、空遠く・・・。」

久しぶりに、ゴダイゴさんの「ガンダーラ」をYoutubeで聞いていたら、 「山の彼方の空とおく、幸い住むと人の言う・・・」という詩が、不意に 頭の中に浮かんできました。 しかし、「山の彼方の空とおく、幸い住むと人の言う・・・」のあとの文章が …

「無題。」

自分自身であろうとする者が、 常に他人から認められるなどと いうことは、ありえない。 バーソロミュー 関連記事: 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 白山オステオパシー院長

「無題。」

やがて、固く閉ざした蕾のままでいるほうが、 花開くリスクを冒すよりも苦しいというときが やってくる。 詠み人知らず 関連記事: 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 白山オステオパシー院長

「無題。」

人にはみな月と同じように、 だれにも見せない裏側がある。 マーク・トウェイン 関連記事: 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 「無題。」 白山オステオパシー院長

「神との対話」

前回の記事では、ルミの詩が載っている私の蔵書の写真を掲載しましたが、 その一番最後の本は内容は素晴らしいのですが、紹介するのは少し躊躇して しまうような、タイトルのものでした。 本の作者はエリザベス・レッサー、そして翻訳者は吉田利子さんです。…

「ルーミー 愛の詩」

私のブログに時々登場するのが、13世紀ペルシャの神秘主義詩人であり、 偉大なスーフィズムの師でもある、ジェラルディン・ルミ(Celaleddin-i Rumi)。 以前はルミという表記が多かったような気がしますが、現在はペルシア語風に ルーミーと、書かれてい…

「預言。」

先日、久しぶりに主のお言葉をいただいてきましたので ちょっと御紹介。 主は言われます。 私の愛する息子よ、私はあなたを愛する神です。 私は、あなたをお母さんのお腹の中で組み立て、あなたという人をデザインした 神です。 あなたの中に、私はすばらし…

「七つのアドバイス。」

今回は私のブログにも詩が時々出てくるスーフィー教の一派、メヴレヴィー教団を 創始した、ジェラルディン・ルミの七つのアドバイスをどうぞ。 人助けや奉仕の心は、惜しむことなく、流れる川のように・・ 情け深さと優しさは、太陽のように・・ 他人の落ち…

「ケイシー・リーディング(6)」

自分の体験として、ためしてみなさい。 丸一日、どんな不親切な言葉も 口にしないようにする。 誰に対しても、誰に関しても、 辛辣な言葉を口にしないようにする。 そして、その日がどれほどあなたを 豊かにするか、よく味わってみなさい。 TRY in thine own…

「一番大切なこと。」

先日、三田にある仏教伝道センターでおこなわれた座禅の会に、参加して きました。 講師は数冊の本も書いている、二人の禅僧。 この二人は共著で、ブッダが約2500年前に広めた仏教を「アップデート」 するという本も出しているので、どんなことを話して…

「マンガっていいよね。」

当院では、いろいろな本を貸し出しているため、逆に自分が読んで 面白かった本や漫画を「せんせい、これ面白いから読んで。」と 持って来てくれる方々がいます。 先日、ある方が「3月のライオン」という漫画を持って来てくれました。 これは、将棋を題材に…

「ケイシー・リーディング(5)」

目的に溢れた人生のために 回復しようとする欲求がなければ、 どんな治療も、その目的を完全に 達成することは、ほとんど望めません。 Without the desire for the recovery for a purposefulness, little may be fully accomplished. (2456-6)

「無題。」

あなたがいなければ、 諸々の宇宙は存在しなかった。 あなたがいなければ、 星々や惑星といったようなものは、 何も存在しなかった。 ラムサ

「科学のよりどころとは?」

ここ数日、最近発表された新たな万能細胞の研究論文や、その研究者の 博士論文などで、捏造疑惑や文章の使い回しの疑惑が、次々と報道されています。 今のところは、まだ事実関係がはっきりしていませんが、もし事実だとしたら 当事者は、いったい何のために…

「アナスタシア」

以前に、「ここ最近のスピリチュアル系の本は、どれもこれもどこかからの 焼き写しのような本ばかりで、おもしろい本が本当に少ない。」と書いた ことがあります。 そんな中で、わたし的にはかなり稀有な存在なのがウラジーミル・メグレ著の 「アナスタシア…

「ケイシー・リーディング(4)」

あなたを酷く扱い、さまざまな所であなたの悪口を言いふらす人を あなたが心と精神をもって赦すなら、他人のあら探しをする人々は ついには、彼ら自身のうちに欠点を見出すようになる。 なぜなら、彼らは自分自身の記録を綴っているからであり、彼らが 人に…

「一文字の違いで。」

当院に来る方々の中には、病院で医師から「治りません。」と断言された経験のある 人達が、けっこういます。 例えば、 ・膝が痛くて病院に行ったら、「加齢ですからしょうがないですね。」と言われた、 おばあちゃん。 ・肩が上がらなくなって病院に行ったら…