「本日の標語。」

 
結局、小保方さんの論文は撤回になってしまいましたが、今回の件で私が中学生の 頃のことを思い出しました。 私が中3の時に、国語の授業で「税金に関する標語コンクールに応募する」という 課題がありました。(どこが主催していたものかは覚えていません。) 私も幾つか作り提出しましたが、その中の一つにふざけて前年の中3が賞を もらったものと、全く同じものを入れておきました。 すると、その時の担任はそのことに気づかずに、その標語も他のものと一緒に 応募作品として提出し、あろうことかそれがまた賞を取ってしまったのです。 学校の先生も、コンクールの選考委員も誰一人そのことに気づかずに、私の 学校に賞状と記念品が贈られてきました。(ちなみに知らなかったのは、 先生方だけで、友達は全員この事実を知っていました。) しかし土壇場になって一人の先生がそのことに気づき、私は結局、賞状も記念品も 貰わずに終わりました。 私からすると、「おまえら、なんでこんなことにもっと早く気付かないんだよ?」 という感じでしたが、今回の論文の件は私のケースとは比較にならないくらい 影響が大きいと思うので、関係者はこれからが大変でしょう。 小保方さんのことが心配です。 では最後に2度も受賞した、わたしの先輩作の標語をどうぞ。    「 税金で、よいまち、よいむら、よいくらし 」 パクっちゃダメよ。                                     白山オステオパシー院長