「スリランカ訪問記(7)風景」

 

 

 

スリランカでよく見る風景。 山岳部に行くと、広葉樹の 森が広がっていますが、 平野部は、このような景色 が一般的です。 ヤシの木は、自然に生えた ものではなく、植えられた ものが多いそうです。 コロンボ市内を走っていると たまたま日本大使館の前を 通ったので撮ってみました。 日の丸の国旗が見えます。 高い塀に、警備員達。 さすがに日本大使館、警備は 厳重そうです。 ニゴンボビーチのヨット (というよりは帆掛け舟?) 料金を支払うと、実際に この船に乗って、海に出る ことができます。 私は乗りませんでしたが、 1時間ほどのクルーズで、 料金は約3500円。

 

 

 

キャンディ市内にあるキャ ンディ湖を、仏陀の歯が 安置してある佛歯寺前から 撮ったところ。この湖は 19世紀の初めに12年の 歳月をかけて造られた人造 湖です。湖の中央にある島は 当時は王宮からトンネルで 行くことができ王のハーレム になっていたそうです。 シーギリヤロックからホテル に向かう途中、カンダラマ湖 沿いの道路を走っていると、 湖から、水が溢れ出して いました。ランクルだった ので走れましたが、乗用車 では渡れなかったでしょう。 奥の方に人が見えますが、 皆さん、洗濯したり歯磨き したりしてました。 スリランカ出身の、世界的に 有名な建築家、故ジェフリー・ バワ設計のホテル、「ヘリタン ス・カンダラマ」。 全長1kmほどあるホテルは 直線を多用していますが、 周囲の森に溶け込んで違和感 がありません。

 

 

 

ヘリタンス・カンダラマには ジェフリー・バワがお気に入り だったという場所に、彼の机と 椅子が置いてあります。 その場所からは、この写真の ように、前方にはカンダラマ湖 その後方にはシーギリヤロック という、素晴らしい景色を見る ことができます。 ヘリタンス・カンダラマから見た 夕焼け。 山に沈む夕日も、海とはまた 違った良さがあります。 このホテルを設計した、ジェフ リー・バワのところには、彼 の存命中、日本人建築家も、 建築を学びに来ていたそう です。 畑の中にあったカカシ。 スリランカでも、鳥や動物 避けにカカシを使うようです。 ただこのカカシくん、かなり くたびれた感じがあったので どれ程の効果があるか、定か では、ありません。

 

 

 

スリランカスカイツリーコロンボ市内では、おそらく 電波塔ではないかと思われる 塔を建設中です。 遠目で見ると、どことなく スカイツリーに似ています。 2009年に、スリランカ 国内での内戦が終結して、 治安が安定してきたため、 コロンボ市内では、他にも 多くのビル、ホテルなどの 建設が、進んでいます。 コロンボ市内の道路事情。 自動車、スリーホイール、 バイクなどが、渾然一体と なって、まさにアジアの国 という感じです。現地では 私も時々運転をしましたが もっぱら郊外のみで、コロ ンボ市内に入った時には、 すぐに、運転をおじさんに 交代してもらいました。 最後にもう一度、夕焼けの 写真。 こちらは、海に沈む夕日です。 これも素晴らしい。