「スリランカ訪問記(8)選挙・POPE」(最終回)

 

 

 

私がスリランカに滞在中、 大きな出来事が、二つあり ましたので、ご紹介。 一つは、5年に一度行われる スリランカ大統領選挙です。 ちょうどスリランカに着いた 日が、選挙当日。 スリランカでは、国民投票 によって、直接大統領が 選ばれます。 自国の総理大臣を、直接 選べない日本人からすると 羨ましい限りです。 右の写真は、今回新たに 大統領となったマイトリー パーラ・シリセーナ氏の ポスター。 こちらは、今回の選挙で シリセーナ氏に敗れた、 前大統領のポスター。 おそらくシリセーナ氏の 支持派に傷つけられたのか 顔の部分などの、傷みが 激しいです。 圧倒的な資金力を使って、 至るところに、ポスターが 貼られていました。 スリランカの選挙では、各 候補毎に、シンボルマーク が決まっており、有権者は そのマークの部分に×印を 書きます。写真は道路に 書かれていた、前大統領の マークである木の葉。 今は皆、字が読めますが 識字率が低かったころの 名残りかもしれません。

 

 

 

こちらは、スリランカ国内の ある州の投票結果。 全部で10人の立候補者が いましたが、事実上はこの 二人の一騎打ち。 州によっては、前大統領の 得票率が高かったところも ありましたが、概ね写真の ように、新大統領の得票率 が僅かに上回っていました。 新大統領の就任式の映像。 現地の人達の話によると、 彼は誠実な人柄だそうで、 皆に、非常に好感を持た れていました。 その分、新大統領に対する 期待も大きく、新たな 大統領の下、スリランカは 必ず、今よりも良くなると 多くの人達が言っていました。 私がスリランカに滞在中の もう一つの大きな出来事は 第266代ローマ法王(POPE) フランシスコがスリランカ を訪れたことです。直接、 見に行くことは叶いません でしたが、テレビでその姿 を見ることが出来ました。

 

 

 

フランシスコ法王とスリ ランカの新大統領、シリ セーナ氏とのツーショット。 大統領は、かなり緊張の 面持ちです。 POPEは、高級車ではなく このような車に乗って、 コロンボ市内をパレード しました。 また、コロンボ市内での 宿泊は政府が用意した 高級ホテルではなく格安な ホテルに泊まり、夕食は 自分で作って、食べていた そうです。 上の写真を更に引いて撮った 映像がこれ。 この日はスリランカ全土から およそ150万人もの人達が POPEに会うために、コロンボ にやってきたそうです。 スリランカキリスト教徒の 数が、約230万人ほどです から、凄い数字です。

 

POPEのスリランカ訪問を 伝える新聞記事。 当然のことながら、一面 トップでした。 フランシスコ法王は3日間 スリランカに滞在した後、 フィリピンへと向けて、 飛び立ちました。
 
では最後にスリランカと日本をつなぐ、ある逸話を紹介して今回のスリランカ 訪問シリーズを、終了させたいと思います。 スリランカは、実は日本にとっては恩人と言っても良いほどの国なのです。 それは、第二次世界大戦で日本と連合国との戦争終結を決定するために 開かれた、サンフランシスコ講和会議での出来事です。 会議では被害を受けた国々から日本は激しい非難を浴び、敗戦国である日本は 多くの国々から莫大な賠償を求められ、更には日本領土の分割案まで、提出 されていました。 日本にとって大変厳しい状況の中、セイロン(今のスリランカ)代表として 演壇に立った若い大臣(後の初代大統領)ジャヤワルダナ氏はブッダの教えを 用いて、こう演説します。    憎しみは憎しみでは消えず、    愛する事によってなくなる     我々はもう憎しみを忘れようではないか    そしてアジアの将来にとって、    独立した自由な日本が必要である    我が国は、賠償請求も一切しない                     (一部のみ抜粋) と言うもので、多くの人々がこの演説に感銘を受け、会議は日本の戦後復興を 援助する方向へと進みました。(ちなみにスリランカ{当時のセイロン}も コロンボのアンゴダとトリンコマリーが日本軍に空爆され、アンゴダの精神 病院の建物や、トリンコマリーの石油設備などが被害を受けています。) もしも彼が会議で説得してくれなかったら、日本は分断されていた可能性も あったのです。 私達も、「礼と返礼の法則」を忘れずに、何らかの形でスリランカの人達に お返ししたいですね。 関連記事:       「礼と返礼の法則」      「屋久島探訪記(1)」      「屋久島探訪記(2)」      「屋久島探訪記(3)」      「屋久島探訪記(4)」      「屋久島探訪記(5)」      「屋久島探訪記(6)」      「屋久島探訪記(7)」      「屋久島探訪記(8)」      「屋久島探訪記(9)」      「屋久島探訪記(10)最終回」                                   白山オステオパシー院長