「1800年前の・・・。」

前回の記事を書いていて、そういえば「1800年前のエジプト人の手紙が解読 された。」というニュースがあったはず、と思い出し探したらありました。 ニュース記事:(カラパイアより) (元記事は科学サイト「LiveScience」2014年3月5日だそうです。) 約1800年前のエジプト人兵士が書いた手紙が解読されたそうだ。 手紙の送り主はアウレリウス・ポリオン(Aurelius Polion)という若者で、 おそらくローマ軍に志願した人物だと思われる。 主にギリシア語で綴られた手紙の中で、手紙の宛先はパン屋を営む母親と姉 (または妹)と兄(または弟)だ。 何度も手紙を書いても返事がこないことを気に病んでいるようだ。
「僕は夜も昼もみんなの健康を祈って、みんなの代わりに神々に礼拝して  いるが、みんなは僕のことなど気にも留めていない」 と綴られている。 「みんなのことが心配だ。みんなは僕からの手紙をしょっちゅう受け取っている  だろうけど、僕に返事が来ることはない。だから、みんなは多分…(手紙の  損傷で解読不能)」 「パンノニアで(手紙を)送ったけど、みんなは僕のことをまるで赤の他人みたいに  扱うよね」 と彼は綴る。 「領事から休暇をもらって、会いに行くよ。そうすれば、みんなも僕が兄弟だって  ことが分かるだろう」 1800年前の既読スルー・・・、今も昔も人の悩みはあまり変わらないのね。 関連記事:    「2000年前の・・・。」                                  白山オステオパシー院長