「北欧訪問記(3)」

↑TABINOYA近くの景色、西洋の幽霊が出てきそうな雰囲気です。

↑近くにあったバー

↑Design pilsnerとシーフードパスタ

TABINOYAさんの周辺を歩いていると、近くにお酒を飲めそうなお店を発見。 時間調整のために、荷物を持ったまま入ってみました。 カウンター席に座り、お姉さんに「エストニアのビールありますか?」と 聞くと、いくつか教えてくれた中からDesign pilsnerを注文、お腹も少し 空いていたので、さらにシーフードパスタを注文。 ビールは結構にごりがあって、私がイメージしていたピルスナーとは違い ましたが、これはこれで美味しかったです。 パスタもモチモチした食感でgood、パンも付いてきたのでかなりお腹も 満たされました。 ビールとパスタでお腹も満たされたところで、TABINOYAさんに戻ってみますが まだ、「Back in 10 min」の張り紙が・・・。 試しにブザーを押してみるとオーナーの余田さんが出て、入口のドアを開けに 来てくれました。 余田さん曰く、「お昼に少し宿を空けた時に貼って、そのままになってました。 ごめんなさい。」とのこと。 どうやら私が最初に来た時にも余田さんは居たようですが、おかげでエストニア のビールを試すこともできたので、良しとしましょう。 かなりレトロな感じの階段を上がった3階がTABINOYAさん。 宿に入るとレセプション、その隣には共用スペース、宿泊者が自分で調理もできる キッチンや共用の冷蔵庫があり、その更に奥にはシャワールーム、こじんまりして いますが、古い建物の柱を生かした良い雰囲気です。

↑TABINOYAさん、レセプション

↑キッチン、冷蔵庫などがある共用スペース。ここでパン、シリアルなどの朝食が出ます。

↑共用スペースの壁には、タリン旧市街の地図

↑展望台へと上る石段、House of the Governmentの横壁は補修中。

↑展望台から見るタリン旧市街、宮崎駿監督の映画に出てきそうな街並みです。

↑アーモンドのお菓子を売るおばちゃん、日本で言うと天津甘栗のような感じ?

2月11日(木) 共用スペースで余田さんとお話をしながら、朝食をいただきます。 余田さんは福岡出身、バックパッカーをしていてエストニアに立ち寄ったところ 現地の人と仲良くなり、長居しているうちにエストニアの女性と知り合い結婚。 エストニア人の奥さんを日本に連れて行っても、苦労するかもしれないということで 余田さんがエストニアに移住することに決定。 地元の人達の助けもあり、この場所で旅行者向けのゲストハウスを始めることに なったそうです。 食事後には、余田さんにタリンのおすすめスポットを教えていただき、外に出ます。 私が外に出る少し前には30代くらいの日本人女性が一人、大きなバックパックを 背負って出発していました。 昔は日本が大嫌いだった私も、今ではすっかり日本が一番と思うようになり、 素直に凄いな~、と思ってしまいます。 やはり歳でしょうか・・・。 まず向かった先は、TABINOYAさんの近くにある丘の上の展望台。 この展望台に上がる坂は石段になっており、その横の斜面は石壁、その石壁の上 にはHouse of the Governmentの建物、私が石段を登っている時はちょうど建物の 横壁の補修作業をしていました。 石段を登り切ると、タリン旧市街を一望できる丘の上に出ます。 ちなみにこのタリン旧市街は1997年にユネスコ世界文化遺産に登録 されています。 丘の上からの景色はまさに中世ヨーロッパという感じで、宮崎駿監督の映画に そのまま出てきそうな雰囲気です。 宮崎駿監督は、きっと世界中のこういった街並みを見て歩いたのでしょうね。 展望台の横には屋台があり、おばちゃんが何か売っていました。 聞いてみると、アーモンドにシナモン、ベリー、オレンジなどを絡めて炒めた ものだということで、それぞれを味見させてもらいましたが、私はシナモンが 一番気に入ったので、シナモンの小袋を買って食べながら歩きます。

↑Dome church

↑Alekisander Nevski Katedraal

↑占領博物館

展望台のあとは、13世紀にデンマーク人が建てたエストニア最古の教会という Dome church、そして1901年に当時支配していた帝政ロシアによって建てられた ロシア正教の教会 Alekisander Nevski Katedraal、この教会は周りの建物の 建築様式からは完全に浮いていますし、今もエストニア人の心情からすると 複雑なものがあるようです。 それから、旧ソ連によるエストニア占領をテーマにした占領博物館へと向います。 この博物館、私が入った時には受付のおばちゃん以外には誰もおらず、暇な おばちゃんが私にいろいろと話しかけてきます。 ここでは、エストニア語の「ありがとう!」と「こんにちは!」を、おばちゃんに 教えてもらいました。 「ありがとう!」は「アイタ!」、「こんにちは!」は「テレ!」、エストニア語の 「アイタ!」は日本語では「Ouch!」の意味なんだよと教えてあげました。 博物館には当時の自動車や日用品などの他、地下には旧ソ連占領時代に 建てられていたレーニンスターリンなどの像を取り壊した頭部や、ブレジネフ 書記長の垂れ幕なども展示してありました。 おばちゃんによると、この博物館に来る日本人はほとんどいないそうです。 たしかに私も余田さんに勧められていなければ、来てはいなかったでしょうが ここに来たおかげで、エストニア語を少しだけ覚えて帰ることができました。

↑Town Hall(旧市庁舎)

↑Draakon、薄暗くて狭くまるで洞窟のような店内

↑ビール醸造所横に併設されたレストラン Beer House

占領博物館を出たあとは、Town Hall Squareに向います。 ここに建つTown hall(旧市庁舎)の角のところには、Draakonという余田さん おすすめのスープ屋さんがあり、エルクのスープを飲むことができます。 ここではスープにはスプーンなどは付いておらず、器に直接口をつけて飲む のが中世風なのだそうです。 私はエルクのスープと野菜のパイを注文、パイの中身はにんじんとキャベツを ペーストにしたもの。 スープは美味しかったのですが、パイの味はそこそこ。 それから、Town Hallの前の通りを歩いていると、ビールの醸造タンクを発見。 思わず、隣に併設されているレストランに入ってしまいました。 私はビールとソーセージを頼みましたが、残念ながらビールが冷えていない。 やはり、冷たいビールに慣れた日本人としては冷えたビールを飲みたいところ でした・・・。 つづく。