「2月の歴にゃんこよみ。」

2月も中旬に入ってしまいましたが、今月の歴にゃんこよみです。 カレンダーの内容は小さくて若干読みにくいですが、拡大して 読んでみてください。

2月は、織田信長の   「うらみつる 風をしつめて はせを葉の 露よ心の 玉みかくらん」 という和歌が載っていますが、私にはこの意味が良く分からなかったため 調べてみました。 事代るかさんのブログにこの和歌についての解説と直訳、意訳が載って いましたので、ここにまるごと転載させていただきます。 ちなみに事代るかさんのプロフィールですが、 「日本刀の研ぎの修行をしつつ、最近は鐔も作ってる、もののふ女子です ヾ(@°▽°@)ノ」 だそうです。 □■信長の和歌 ~平和への願い編~■□ 年代不明 今日、紹介する和歌は去年、本能寺の宝物館に行った時に発見した、信長が 詠んだとされる和歌である。 意味を調べる前までは、この和歌の意味がまったく分からなかったが、色々と 詳しく調べてみると、信長の平和への願いが込められた和歌だったことが分かり 驚き、感動した。 この歌は、恐らく信長が法華経の経典「勧持品(かんじほん)第十三」という一節の 講釈を聞いてから、詠んだものと思われる。 ■本能寺所蔵 信長和歌詠草■ 「うらみつる 風をしつめて はせを葉の 露を心の 玉みかくらん」 聴講 法華経詠 勧持品 和歌案 信長 ①直訳 世の中に吹く悪い風を静めて 芭蕉の葉に露が溜まるよう、我が心を磨こう ②意訳 誰に何と言われようとも、それに耐え忍び、今の世の中にはびこる悪い習慣、 嘘、戦争、暴利を貪る者たち、そのような乱世を静めて、平和な世が訪れるように、 自らの心を磨こう。 ③解説 ・「はせを葉」とは「芭蕉の葉(ばしょうのは)」のことである。
(「JA沖縄」様、HPより) 芭蕉とは、バショウ科の熱帯植物であり、その葉は風雨に晒されると簡単に 破れてしまう。 和歌の世界では、秋の季語として使われる。 その理由は、葉の弱さが秋風とも相まって、もののあわれを想起させるためである。 ・『法華経 勧持品第十三』の内容を簡単に説明すると、菩薩たちが釈迦の前で 以下の様な誓いを立てる。 「仏が入滅した後の嘘や高慢、悪習がはびこる悪世で、例え我々が罵倒され、 危害を加えられようとも、我々はそれらに耐え忍び、この教えを人々に説きます。」 というような、誓いを立てるというものである。 詳しい解説は、サイト「旅の途中で」様に詳しい。 また、原文・書き下し・現代語訳は、ブログ「御書を繙く」様に分かりやすく載っている。 ・「うらみつる風」とは、悪世がもたらす、恨みや辛みなどの負のものを指して いると思われる。 「風」いう表現を敢えて使っているのは、芭蕉の葉が風雨で簡単に破れてしまうことに 掛けている。 芭蕉の葉が破れてしまっては、露も流れ落ちてしまう。 露(ここでは、平和の象徴か)が留まれるように、「乱世を平定して(うらみつる風を しつめて)、平和な世の中が訪れるように(はせを葉の露を)、自らの心を磨こう (心の玉みかくらん)」という意味なのではないかと、私は考えた。 これらすべてを踏まえて考えると、この和歌の意味は上記の意訳のようになるのでは ないかと思う。 信長の平和な世を築く覚悟や意志が感じられる和歌である。 以上が事代るかさんのブログの内容です。 このブログには他にも織田信長に関する様々なエピソードが出てきますが、これらを 読むと、世間一般の人が抱いている織田信長のイメージとは違う信長像を知ることが 出来ると思いますので、御一読ください↓    「★織田信長の夢★ 鳴かぬなら 鳴ける世つくろう ほととぎす」 関連記事:   「オステオパシーの源流は日本?」
  「オステオパシーの源流は日本?(2)」
  「オステオパシーの源流は日本?(3)二宮彦可と正骨範その1」
  「オステオパシーの源流は日本?(4)二宮彦可と正骨範その2」
  「オステオパシーの源流は日本?(5)二宮彦可と正骨範その3(最終回)」