「『HK マスク』& 関連ニュース」(動画)

当院に来ている方が、「これから家で『HK マスク』を作る」と言っていたので、HKマスクを知らなかった私は少し調べてみました。

 

「HK Mask」とは

香港の一流大学で教鞭を執っていた鄺士山(クウォン・シーサン)化学博士が開発、2月21日に発表された手作りマスク。

「HK Mask」は、手作りマスクでありながらフィルター次第で現在医療用マスクの標準である「N95マスク」に近い機能性を発揮できる(フィルターの選択次第では0.3µmの試験粒子を85~90%まで捕集できるレベル)。

作り方やメンテナンスが簡単。

 

 

N95マスク」とは

N95マスク(Particulate Respirator Type N95)とは、アメリカ合衆国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格をクリアし、認可された微粒子用マスクのこと。

N95 規格とは、アメリカ合衆国 NIOSH定めた基準、「N」は耐油性が無いことを表し(Not resistant to oil)、「95」は試験粒子を 95% 以上捕集できることを表している。 

NIOSH規格で用いる試験粒子はフィルターで最も捕集しづらい、つまりフィルターを通過しやすいサイズの粒子状物質で、空力学的質量径でおおよそ0.3µmの粒子であり、この粒子径で95%以上捕集できなければならない。

なお、N規格の試験粒子は、塩化ナトリウム(NaCl)、DOPが用いられる。

 

ja.wikipedia.org

 

 

こちらはHK Maskについて詳しく書かれた記事↓

project.nikkeibp.co.jp

 

 

こちらはHK Maskの作り方を紹介したサイト↓

www.mask-for-all.com

 

 

HK マスク、作り方紹介動画↓


【クウォン博士公認】HK マスク(HK Mask)の作り方 | みんなのマスク 手作りマスクの作り方【日本語訳】

 

 

 

裁縫の上手な人が作れば、市販の布マスクと遜色ない出来になるのではないでしょうか。

「使い捨てマスクはなかなか手に入らないけど、通勤に給食マスクはちょっと・・・」という方、試してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 関連して、こんな記事もありました↓

news.yahoo.co.jp