「種苗法改定法案いよいよ審議入り。」

種苗法改定法案が、4月16日(木)に審議入りするようです。

 

 

私はブログ以外やっていないので、Twitterfacebook等のアカウントがある方はどうか拡散してください。

 

当院に来ている方から、4月12日の東京新聞22,23貢に種苗法改定案の問題点に関する記事が掲載されていると教えていただきました。東京新聞を購読している方は、是非読んでみてください。(当院にもコピーを置いておきました)

f:id:hakusanoste:20200416084254j:plain

このような記事を書く記者がいて、その記事を載せる新聞があることに希望を感じました。

 

種苗法改定法案4月16日(木)の審議入りに合わせて、私が懸念していた通りに昭恵夫人の新たなニュースが15日(水)の午後に入ってきました。

現代なら賞味期限切れと言ってもよい1ヶ月も前の、それも突っ込みどころ満載の出来事をこのタイミングで出すのは何故でしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200415-00037237-bunshun-pol

 

雑誌の記事を「〇〇砲」などと呼んで有り難がっている人達は、もう少し深く物事を見る視点を持つと良いかもしれません。

この件については、関連記事の「種苗法改正について。」も読むことをおすすめします。

 

 

もう一度、第26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの言葉

「歴史上の重大事件の中で無作為に自然発生したものは一つもなく、全てが入念に計画された産物なのだ。」

 

 (*多くの場合、行動する当人は何も知らないまま入念な計画は進みます。)

 

 

 

野党議員、そして与党で良識のある議員はこの重大な局面において、どのような行動に出るのか?

 

 

こちらは衆議院農林水産委員会の名簿です。地元の議員にメール、電話、FAXで種苗法改定反対の意思を伝えましょう。

https://drive.google.com/file/d/16Odqtcnt-o5qIw7fiQIx4v8wjYaUSzWr/view

f:id:hakusanoste:20200416182827p:plain

 

 

 

 

関連記事:

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com