「厚生労働省発表、新型コロナウイルス感染症の国内発生状況 (令和2年9月2日18時時点)、および東京都の最新感染状況」

厚生労働省発表の、現時点での最新の新型コロナウイルス感染症の国内発生状況です。
(令和2年9月2日18時時点)

 

・確定日別人数

・確定週別人数

・年齢階級別陽性者数(9月2日、8月26日発表分比較)

・年齢階級別死亡数(9月2日、8月26日日発表分比較)

・令和2年9月2日までの陽性者、死亡者総計、全体の死亡率

都道府県別人数 (9月2日、8月26日発表分比較)


【註1】チャーター機、クルーズ船案件は除く
【註2】医療機関からの届出情報との突合前

 

 

確定日別人数、確定週別人数   令和2年9月2日18時時点

f:id:hakusanoste:20200904083836p:plain

 

感染者(PCR検査陽性者)の数は、前回発表よりも更に減少しました。

ピークだった7月29日~8月4日が、9,296人。

今回発表の8月26日~9月1日が、4,011人。

有症者の数も1,729人と、約1ヶ月半振りに2,000人を下回りました。

既に感染者数が減少を始めてから1ヶ月が経ちますが、未だにこの事実を報道しているメディアはありません。

 

 

次に年齢階級別陽性者数、年齢階級別死亡者数 令和2年9月2日18時時点

f:id:hakusanoste:20200904085430p:plain

 

次に年齢階級別陽性者数、年齢階級別死亡者数 令和2年8月26日18時時点(前回分)

f:id:hakusanoste:20200829123428p:plain

 

 

令和2年9月2日までの陽性者、死亡者総計、全体の死亡率

f:id:hakusanoste:20200904113351p:plain

 

 

令和2年8月27日~9月2日までの間の陽性者数、死亡者数、死亡率 

f:id:hakusanoste:20200904113417p:plain

 

 

全体の死亡率は、減少を続けています。

令和2年8月27日~9月2日までの間の陽性者数は、前回と比較すると全体に減少しています。

80代以上の死亡者数は前回54人、今回51人と依然として高い水準ですが、これは前回も書いたようにPCR検査陽性者は、厚生労働省から各都道府県への通達により、その死因に関わらず全て新型コロナウイルスの死亡者数に含まれているため、暑さが厳しくなり体力が落ちた高齢者は、他の要因で死亡している可能性もあります。

厚生労働省発表の死亡者数のうち、実際に何人がコロナウイルスにより死亡したのかが分かると良いのですが・・・。

 

 

以前に紹介した記事↓

news.yahoo.co.jp 

 

上記記事抜粋↓

f:id:hakusanoste:20200805083621p:plain

 

厚生労働省が各都道府県に通達した文書↓

https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf?fbclid=IwAR3ZKIdrKQkr0ZYe1nXZE8_lzPuIFF_yMxxp5DCigyeV1lD6LLgrMty87Vs

 

 

都道府県別人数 令和2年9月2日18時時点

f:id:hakusanoste:20200904092415p:plain

 

 

都道府県別人数 令和2年8月26日18時時点(前回分)

f:id:hakusanoste:20200829130452p:plain

 

 

令和2年9月2日18時時点

有症者 5,230(前回) → 5,241(今回)

無症者 569 → 569 

症状確認中 13,824 → 15,190

有症者の増加が11人、無症者の増加は0人、症状確認中の増加は1,366人(7日で割ると1日平均195人)。

 

前回分は、 

令和2年8月26日18時時点

有症者 5,214 → 5,230

無症者 569 → 569

症状確認中 12,312  → 13,824 

有症者の増加が久しぶりに2桁の16人、無症者の増加は0人、症状確認中の増加は1,512人(7日で割ると1日平均216人)。

 

  

今回もメディアが毎日発表している東京都のPCR検査陽性者の数はほとんどが、症状があるかどうかも不明な人達の数。

 

ちなみに前回の記事でも書きましたが、東京都のコロナ相談ダイヤルに聞いたところ、PCR検査陽性者の濃厚接触者がPCR検査を受けて陽性になると、更にその濃厚接触者が特定されて、陽性者がゼロにならない限り、陽性者全員が無症状でもこの流れが延々と繰り返されるそうです(無症状の場合は義務ではなく任意検査ですが、東京では多くの場合職場、学校などの命令により強制的に検査を受けさせられるようです)。

 

 

東京都と同じように感染者の増加が話題になった沖縄県も、感染者増加の構図は東京都と同じです。

令和2年9月2日18時時点の沖縄県の感染者(PCR検査陽性者数)の内訳は、

 

有症者 267

無症者 13

症状確認中 1,623

(症状確認中は、濃厚接触者のPCR検査陽性者の流れを考えると、実質的には無症者と考えてもよいでしょう。)

  

沖縄県は症状確認中が有症者の約6倍、東京都、沖縄県だけが症状確認中の割合が国内の都道府県の中で突出しています。

大阪府などの数字を見ると、私には他の道府県では無症状の濃厚接触者の検査は国の指示通りには行なっていないように見えます。

沖縄県は医療施設の逼迫から、8月8日から濃厚接触者のPCR検査を有症者のみに限定していましたが、感染者数(PCR検査陽性者数)が減少しはじめたこのタイミングで、全ての濃厚接触者のPCR検査を再開するようです。

沖縄県では、再び感染者数(PCR検査陽性者数)が増加に転じる可能性が高いです。

今後、日本国内の他の地域で感染者の急激な増加があった場合は、東京都、沖縄県と同じ構図となっていることが予想されます。

 

 

こちらは東京都の最新感染状況↓

stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp

 

上記のサイトより抜粋↓

 

f:id:hakusanoste:20200904114651p:plain

陽性率が3.6%まで低下しました。

6月30日の3.5%以来の低い数字です。

 

 

以前に堤未果さんのラジオ番組の内容を紹介しましたが、私の知り合いの医師も含めて医師達はコロナワクチンの実態が分かっていますし、医療従事者へのワクチン接種が義務化された場合、看護師の大量退職の可能性もありますので、私は医療従事者へのワクチン接種の義務化、ひいては全国民へのワクチン接種義務化は無いと思っています。

メディアの報道や御用学者の言うことを信じてワクチンを打つ人達は、自らの判断において自らがその選択をするわけですから、致し方ないでしょう。

ただ、企業等がそこで働いている人達にワクチン接種を強要することだけは、やめていただきたいと思っています。

ワクチン接種によって社員に障害が残った場合、果たして企業は責任を取ることが出来るのでしょうか?

そして、もし子供達へのワクチン接種義務化の可能性が出てきた場合には、安全性が全く担保されていないDNAワクチンの接種は、断固として阻止しなければいけません!!

 

こちらは令和2年9月2日時点の、これまでの日本全国の10代までの陽性者数、死亡者数の総計↓

f:id:hakusanoste:20200906081629p:plain

 


2020年8月現在の10代までの総人口(概算) 2,082万人

10代までのコロナ陽性者総数 4,875人(陽性者の大多数は無症状の濃厚接触者) 

陽性率 0.0234%

死亡者数   0人

死亡率    0%

 

 

f:id:hakusanoste:20200907124315p:plain

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200524&tstat=000000090001&cycle=1&year=20200&month=23070908&tclass1=000001011678

 

 

現在、当院に来ている子供達も今までに無い体調不良を訴える子供が増えています。

小学校では土曜日登校でも足りず、平日7時間授業という学校もあります。

しかもコロナ対策にプールは中止、マスクをしてグラウンドで体育。

給食も普段なら班ごとに机をつけて、友達とおしゃべりをしながら食べるところを、全員が黒板に向かって、黙々とただ食べ物を胃に入れるだけ。

このような状況では、不調をきたす子供達が続出して当然でしょう。

一体いつまで、政府、厚生労働省、メディア、医師会、御用学者は、子供達に無用な負担を強いれば気が済むのでしょうか。

 

もう一度、書きます。

2020年8月現在の10代までの総人口(概算) 2,082万人

10代までのコロナ陽性者総数 4,875人(陽性者の大多数は無症状の濃厚接触者)

 

陽性率 0.0234%

死亡者数   0人

死亡率    0%

 

 

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

 

 

ワクチン禍は過去のものではありません。

政府、厚生労働省が大量のテレビCMを流して積極的に接種を勧めた子宮頸がんワクチン。

子宮頸がんワクチンによる健康被害訴訟は、現在も係争中です↓

www.nikkei.com

 

www.hpv-yakugai.net

 

 

 

 

 

この1ヶ月間の報道を見て、メディアが感染者増加のニュースを流すことはあっても、感染者減少のニュースを流すことは無いということが確定しました。

今回でコロナ国内発生状況の報告記事は、終わりにしようと思います。

なお、厚生労働省発表、新型コロナウイルス感染症の国内発生動向は、この記事の下部に今後も順次追加していきますので、今後はそちらをご覧下さい。

 

 

 

  

厚生労働省

国内の発生状況など|厚生労働省

 

厚生労働省発表、新型コロナウイルス感染症の国内発生動向

令和2年10月14日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000683221.pdf

令和2年9月30日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000678222.pdf

令和2年9月23日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000675165.pdf

令和2年9月16日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000673422.pdf

令和2年9月9日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000670171.pdf

令和2年9月2日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000667711.pdf

厚生労働省発表、新型コロナウイルス感染症の国内発生動向 

令和2年8月26日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000663883.pdf

令和2年8月19日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000661165.pdf

令和2年8月12日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000659115.pdf

令和2年8月5日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000657357.pdf

令和2年7月29日18時時点

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000654102.pdf

 

 

 

 

関連記事:

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com