「令和3年4月14日18時時点の厚生労働省発表新型コロナウイルス感染症の国内発生動向、今週も東京都の数字に注目!」

令和3年4月14日18時時点の厚生労働省発表新型コロナウイルス感染症の国内発生動向が発表されました。

今週も東京都の数字に大きな変化がありました。

先週、今週と更新された東京都の数字が正確ならば、逆に他の道府県の数字に疑問を抱かざるを得ません。

 

こちらが本日発表された令和3年4月14日18時時点の厚生労働省発表新型コロナウイルス感染症の国内発生動向・都道府県別人数↓

 

f:id:hakusanoste:20210415211346p:plain

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000769397.pdf

令和3年4月14日18時時点の東京都の動向

有症者 11,555人

無症者 63,975人

症状確認中 51,375人

 

そしてこちらが東京都の令和2年7月29日18時時点、令和3年3月31日18時時点、令和3年4月7日18時時点、令和3年4月14日18時時点を比較したグラフ↓ 

f:id:hakusanoste:20210426214122p:plain

 

 

東京都のPCR検査陽性者数は2021年4月14日時点で126,905人ですが、有症者の人数は現時点で11,555人、無症者の人数は現時点で63,975人、この2週間で増加した無症者の人数は63,240人。

医師会やメディアは軽症、重症合わせて都内で累計1万人程度の数字で、1年以上に渡り東京は恐ろしいところだと、連日国民の恐怖を煽り続けているということになります。

そのため私や私の周囲でも多くの地方出身者が、地元の人達の恐怖心により帰省することが出来ずにいます。

東京都は他の道府県と比較して無症者の比率が高くなるはずだと、4月3日の「グローバルダイニングへの支援」という記事に書きましたが、私の予想を超える高さです。

近隣の埼玉、千葉、神奈川、あるいは他の道府県と比較した場合、統計学的にあり得ない数字に見えます。

関係機関の担当者は、このような現象を引き起こしている原因を究明しなければいけないと思いますが、誰もが責任を取りたくない今の日本ではやはり無理なのでしょうね・・・。

 

「グローバルダイニングへの支援」 - 白山オステオパシー院長のブログ

 

参考までに前回の記事に貼り付けた過去のデータを再度紹介いたします。

こちらは2021年4月3日の記事に貼り付けた令和2年7月29日18時時点の厚生労働省発表新型コロナウイルス感染症の国内発生動向↓

 

f:id:hakusanoste:20210403123334p:plain

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000654102.pdf

令和2年7月29日18時時点の東京の動向

有症者 5,207人

無症者  589 人

症状確認中 5,848人

 

こちらは2021年4月3日の記事に貼り付けた令和3年3月31日18時時点の厚生労働省発表新型コロナウイルス感染症の国内発生動向↓

f:id:hakusanoste:20210403123059p:plain

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000764521.pdf

令和3年3月31日18時時点の東京の動向

有症者 6,601人

無症者  735 人

症状確認中 113,236人

 

こちらは令和3年4月7日18時時点の厚生労働省発表新型コロナウイルス感染症の国内発生動向↓

 

f:id:hakusanoste:20210409085018p:plain

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000766741.pdf

令和3年4月7日18時時点の東京の動向

有症者 8,647人

無症者 41,753人

症状確認中 73,037人

 

 

前回の記事↓

hakusan-oste.hatenablog.com

  

 

関連記事: 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

ameblo.jp

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

  

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com