「2019年と2021年の当院HPアクセス数比較。」

2020年9月に、他の検索エンジンでは上位に表示される記事がグーグルでは最終ページまで表示すらされない、と書きました↓

hakusan-oste.hatenablog.com

 

 

検索結果に表示されなくなったのはブログだけではなかったようです。

こちらは当院ホームページの2019年6月と2021年6月のアクセス数比較↓

 

2019年6月

 

f:id:hakusanoste:20210707221949p:plain

 

2021年6月

f:id:hakusanoste:20210707222002p:plain

 

訪問者数、ページビューともに昨年中盤から徐々に減少し始め、2年前と比較して約1/5に減少しています。
ちなみに当院ホームページの内容は感染症対策のページを追加した以外は変更していません。

この間に変わったことと言えば、当院ホームページとリンクさせている当ブログの記事に2020年3月頃から「種苗法」、「新型コロナウイルス感染症」、「アメリカ大統領選挙」等に関する記事が増えたことくらいでしょうか。

2019年6月と2021年6月のアクセス数の違いの原因を知りたいですね。

今のところ紹介により新規来院する方々、自分や子どもの身体を治すために検索に検索を重ねて当院に辿り着いた方々により、2019年6月と2021年6月の1ヶ月間の施術人数を比較するとほぼ同数ですが、ネット経由での新規予約は明らかに減少しています(ネット、紹介を含めた2019年6月の新規予約は37人、2021年6月の新規予約は9人)。

ホームページへのアクセス数減少がこの先当院にどのような影響を与えていくのか、推移を見ていこうと思います。

 

参考までに2021年7月7日時点の、白山オステオパシー院長のブログのアクセス解析のうち、BingからのアクセスとGoogleからのアクセスを比較したもの↓

Bing

f:id:hakusanoste:20210708105511p:plain

 

Google

f:id:hakusanoste:20210708105542p:plain

 

 

コロナ関連の検索をする場合は、BingかDuckduckgoがおすすめです。

 

では最後にGoogle社の基本理念。

                       Don't be evil.