「松」

当院に来院している方から、「先生、これ飲むとコロナにかからないので飲んでください。」と松の葉の粉末をいただきました↓

f:id:hakusanoste:20210719094520j:plain

 

 お湯に溶かして飲んでみると松ヤニのような香りでかなり飲みにくかったので、いただいた方に「あれを飲むのはけっこう辛いですよ・・・。」と言ったところ、「ご飯を炊くときに少し混ぜると良いですよ。」と教えていただきました。

試してみると、これならば無理なく続けられそうです。

 

松の葉をいただいてからネットで「コロナ 松の葉」と検索してみると様々な情報が出てきました。

多くの情報が載っていましたので、皆さんも検索してみてください。

ところでこれらの情報を読んでいて「日月神示」に似たようなことが書いてあったな~と思い出し、読み返してみました。

 

日月神示国常立尊(くにのとこたちのみこと)が岡本天明に自動書記によって書かせた文章です。

日月神示 - Wikipedia

国之常立神 - Wikipedia

岡本天明 - Wikipedia

 

では、「日月神示」から松に関する部分。

 

第十一巻 松の巻

 

第十六帖(三〇七)

火と水と組み組みて地(くに)が出来たのであるぞ

地(つち)の饅頭の上に初めに生(は)えたのが

マツであったぞ。マツはもとの「キ」だぞ

松植えよ、松供えよ、松ひもろぎとせよ

松(まつ)玉串とせよ、松おせ(食せ)よ

 

何時も変わらぬ「松心」となって下されよ

松から色々な物生み出されたのぞ

松の国と申してあろうが

 

七月一日、アメのひつ九のか三。

 

 

第十四巻 雨の巻

 

第十四帖(三四八)

松食(お)せよ

松食せば分からん病直るのじゃぞ

松心となれよ

何時も変わらん松の翠(みどり)の松心

松の御国の御民幸あれ

 

十二月十八日、ひつ九のか三。

 

 

松と同じ針葉樹の杉に関してもウラジミール・メグレの著書「アナスタシア」にその効能が書かれています。

 

「アナスタシア」の内容を抜粋↓ 

「杉のオイルを朝と昼と夕暮れどきにひとすすりづつして、

いろいろなハーブや花粉からの蜜を好きな量だけとる。

これを30日間続けたら、頭の回転が速くなり、身体も若返る。」

 

またアナスタシアシリーズ第4巻 「共同の創造」には、このように書かれています↓ 

「シベリア杉の精油:それだけで完全な、健康に良い香水。

人工的なものではどんなものも、その芳香に勝るものはない。

シベリア杉のエーテル体は、それ自体が宇宙の意識。

肉体を癒す力もあり、ひとに害を及ぼすものへのバリアとしての

役目も果たすことが、シベリア杉のエーテル体にはできる。」

 

 

日本では檜もさまざまな用途に使用されていますが、針葉樹には物凄いパワーが秘められているようです。
    

 

f:id:hakusanoste:20210719150406j:plain

 

f:id:hakusanoste:20210719150424j:plain

 

f:id:hakusanoste:20210719150452j:plain