「-4℃」

今朝、東京では1970年1月17日以来、48年ぶりの氷点下4度を記録したそうです。 そりゃ、白山オステオパシーの水道も凍りそうになるわけだ。 明朝も冷え込むようなので、今日の夜は凍結防止のために水を少しだけ出したまま にしておいた方が良さそうです。 私は北海道で育ちましたが、子供の頃は築ウン十年の木造平屋の家に住んで いました。 現在の北海道の住宅は断熱・暖房がしっかりとしているため、東京の家よりも遥かに 暖かいのですが、当時の農家などの家は場所によっては家の中でも氷点下になる ことがありました。 そして寒い日の朝には、窓に空気中の水分が凍って結晶化した模様ができました。 晴れた日の朝にはその模様が朝日を反射してキラキラと輝き、本当に綺麗だった ことを覚えています。 ネットで写真を探してきましたので、勝手に拝借して何枚かご紹介。

その時の気温、湿度などの条件によって様々な模様ができるため、一つとして 同じものはありません。 子供は、この素晴らしい模様に爪で意味もなく「バカ」とか、書いちゃったり するんですよね・・・。 ちなみに私がこれまでに地元で経験した最低気温は、十数年前に北海道に 大寒波が到来した際の、マイナス27℃。 この時は湾になっている望来地区の海が全て凍りました。

この湾が一面氷に。

こちらは今朝の白山神社手水舎、凍らないよう水は止めてありました。 また、階段には凍結防止のために塩化カリが撒かれていました。 親切ですね。