「なぜ謝る?」

最近、過去に当院の施術を受けて症状が改善し、久しぶり(例えば1年ぶりとか2年ぶりとか)に電話をかけてきた方が、予約をする際に「ご無沙汰して、すみませんでした。」と、電話口で謝るという経験が何度かありました。 オステオパシーはリラクゼーション…

「無題。」

真実は、質問されることを決して恐れない。 Ramtha

「白山神社と白山通り。」

当院は白山通りに面したビルの2階にあり自宅も近いため、元日は毎年地元の白山神社に参拝します。 白山信仰は、今から約1300年前に泰澄が日本三名山の一つ白山を開山したことから始まりました。(他の二つは富士山と立山) 現在では日本全国で約300…

「無題。」

「杮と柿」(動画あり)

先日、東京建物ブリリアホール(豊島区立芸術文化劇場)のこけら落としシリーズの一つ、「志の輔らくご ~歓喜の歌~ 」を聴いてきました。 ところで劇場などが完成して最初の公演を「こけら落とし」と言いますが、「こけら落としって何?」と疑問に思い、調…

「お知らせ。」

12月31日~1月3日は、お休みとなります。

「The Rose」(動画)

先日、ラジオからBette Midlerさんの「The Rose 」が流れてきました。 久しぶりに聴きましたが、やはり良いです。 Bette Midler - The Rose 「The Rose」 歌:Bette Midler 作詞・作曲: Amanda Mcbroom Some say love, it is a river, that drowns the tende…

「がんに関する考察。(3/3)ー がん細胞とバッタの相変異2」

今回は昆虫学者の前野 ウルド 浩太郎氏の著書を参考に、バッタの相変異について書きたいと思います。 なお、前野 ウルド 浩太郎氏は秋田県出身の純粋な日本人。 「ウルド(Ould)」とはモーリタニア語で「〇〇の子孫」という意味のミドルネームで、彼がモー…

「がんに関する考察。(2/3)ー がん細胞とバッタの相変異1」

私は体内のがん細胞とバッタの相変異には共通性があると考えていますので、今回はバッタの相変異についての概略を説明したいと思います。 「バッタの相変異」 トノサマバッタ、サバクトビバッタなどは個体密度が増加すると、その形態や能力を変化させる能力…

「がんに関する考察。(1/3)」

がんは西洋医学的には悪性腫瘍とも呼ばれるように、徹底的に排除しなければいけない「わるもの」だという考えが、一般的ではないでしょうか? しかし私は、がん細胞とは体内環境が何らかの原因により悪化することにより、その過酷な環境下で正常な細胞が必死…

「オステオパシー総覧(上) ー 腫瘍学」

今回は「オステオパシー総覧(上)第35章 腫瘍学」(アメリカ・オステオパシー協会編 森田博也訳)から、 ・オステオパシーのアプローチ ・OMTの適応症 以上2項目を抜粋して転載いたします。 なおOMTとはオステオパシック・マニピュレーティブ・トリート…

「Tumor(腫瘍)」

今回は前回の記事に関連して、オステオパシーの創始者A.T.スティルの著書「Research & Practice」(1910出版)から、「Adominal and other Tumors(腹部及びその他の腫瘍)」の部分を紹介します。 今回の日本語訳は、以前に医療翻訳の専門家に私が依頼したも…

「東芝のがん検査キットとケイシーリーディング。」

先日、 「東芝が血液1滴から13種類のがんを発見できる検査キットを開発した。」 というニュースがありました。 この検査キットでは、13種類のいずれかのがんにかかっていることが1度で分かり、採血から2時間以内で結果が出るそうです。 こちらは日本経済新聞…

「声」(動画)

皆さんが新たなアーティストの楽曲を聴き始めるきっかけは、どのようなものでしょうか? 私のばあい洋楽は曲から、邦楽は歌詞から入ることが多いような気がします。 そして、もう一つはラジオなどで歌声を聴いて「だれ、これ?」と検索するパターン。 これは…

「無題。」

そうなさろうとするあなたの動機は何でしょうか? 大切なのは、その動機です。 シルバー・バーチ