「ギラギラの月」

当院に来院している俳優さんが出演する演劇「ギラギラの月」のフライヤーが当院受付カウンターに置いてあります。

気になる方は、ぜひ手に取ってみてください。

場所は恵比寿・エコー劇場、期間は8月26日(金)~9月4日(日)

恵比寿・エコー劇場

 

 

 

 

世間をあっと言わせて頂戴!

<あらすじ>

昭和43年。東京練馬の下宿で共同生活を送る若き漫画家たち。少女漫画に心血を注ぎ、世の中が驚くようなアイディアはないかと頭を抱えていた。
ある大雨の日、府中で現金三億円が強奪されたというニュースが飛び込み興奮する彼女たち。そこへ突然、びしょ濡れの見知らぬ人物がやってきて…
自由と理想を求めて熱狂する社会の中、現実にもがきながらそれぞれの道を突き進む人々。可笑しく切なくギラギラな、新時代の夜明け前

<作者 中島淳彦プロフィール>

1961年、宮崎県出身。脚本家・演出家。
20歳より演劇活動を開始。劇団ホンキートンクシアターを旗揚げし、作・演出・出演を手掛ける。解散後はフリーの脚本家として活躍。劇団道学先生、劇団ハートランドの座付き作家となる。2001年度第46回岸田戯曲賞では、候補作品として『エキスポ』(劇団道学先生)がノミネートされる。同賞第51回においては、『ゆれる車の音』(文学座)が候補作に。2012年には、『トノに降る雨』(青年座)と『タカラレ六郎の仇討ち』(劇団東京ヴォードヴィルショー)にて第12回バッカーズ演劇奨励賞を受賞。その他、大劇場、TVドラマ、ラジオドラマ等でも脚本を手掛け多方面で活躍。人間の駄目な部分を愛おしく描いた人情味溢れる喜劇を主流とし、多くの人々に笑いと感動を与え続け、2019年12月4日、永眠。
テアトル・エコーでは2011年夏に『ひなあられ』を上演。以来二度目の中島淳彦作品となる。

<演出家 高橋正徳プロフィール>

1978年東京生まれ。2000年文学座附属演劇研究所40期生を経て、2005年劇団員となる。
木村光一、西川信廣、鵜山仁、高瀬久男などの演出助手を務め、2004年文学座アトリエの会『TERRA NOVA テラ ノヴァ』で文学座初演出。以降、川村毅鐘下辰男、佃典彦、東憲司、青木豪など多くの現代作家の新作を演出。商業演劇から小劇場まで精力的に活動する傍ら、地方劇団・公共団体・学校などで演劇ワークショップの講師としても活躍中。演出作品に『天鼓』『天守物語』『白鯨』『越前竹人形』『The Dark』『坂の上の家』『ガラスの動物園』等。テアトル・エコーでは2015年『けっこうな結婚』、2018年『カレンダー・ガールズ』以来、3回目の演出となる。

「無題。」

人生におけるあなたの道とは何だろうか?

それはいつでも自分のフィーリングにしたがうことだ。

つまり自分の魂の中にあるフィーリングに耳を傾け、それを体験するよう魂があなたを駆り立てる冒険に乗り出すことだ。

あなたが耳を傾けるならば、あなたの魂はあなたが何を体験する必要があるのかを教えてくれるだろう。

もしあなたが何かに退屈していたり、それをする欲求がないのであれば、あなたはすでにそれを体験し、その冒険から得られる叡智をすでに手に入れてしまったということである。

だが、もしあなたが何かをしたいのであれば、魂の中にあるその促しは、その体験をして、そこから得られる叡智という美徳を手に入れなければならないことを意味している。

それをすることを控えたとしても、別の機会、あるいは別の存在になるときまで、あなたはその体験を引き延ばしているだけなのだ。

自分の内面に感じるものに対して正直に生き、それを感じている自分自身を愛しなさい。

そのフィーリングは表現され、満たされなければならないことを理解するのだ。

もしあなたが何かをしたいのであれば、それが何であるかにかかわらず、そのフィーリングに背くのは賢いことではない。

なぜならそこには、あなたを待っているひとつの体験があり、人生をもっと楽しくしてくれる壮大な冒険が待ちかまえているからだ。

もしあなたが自分のフィーリングに耳を傾けるならば、あなたの美しい自己が深遠なる叡智へと進化していくために、あなたはつねに正しいことをしているのだ。

あなたの体が病気になったり、神経症や絶望が訪れたりするのは、あなたが自分のフィーリングにしたがわないときなのである。

自分の本心にしたがい、自分の夢、自分の望みを追い求めなさい。

それが何であろうと、魂があなたに求めることをして、それを完結させなさい。

そうすれば、あなたは次の冒険へと進んでいくだろう。

自分のまわりにいる者たちの価値判断を受け容れない限り、あなたはけっして価値判断を下されることはない。

そして、もしあなたが彼らの価値判断を受け容れるとしても、そのような体験をするために自分の意志でそうするにすぎない。

 

                 ラムサ「ホワイトブック」より

「ドローンで花火にDIVE!」(動画)

2022年も東京の花火大会は、その多くが諸事情により中止のようです。

 

sp.jorudan.co.jp

 

そこでyoutubeで花火を見ようかと検索してみると、ドローンで打ち上げ花火の中に突入している映像がありました。

一歩間違えば、ドローンが花火に撃墜されてもおかしくないような映像。

花火の最後のところで急激に映像の向きが変わってるけど、もしかして花火に当たったのかな?

なかなかのチャレンジャーです。

www.youtube.com

 

動画説明欄より↓

三密を避けるため、場所を予告せずに開催するゲリラ花火大会が2021年8月7日つくば市で開催。(今年で2回目)

縁あって招聘頂き、自作FPVドローンで撮らせていただきました。

正直花火撮影は初めての経験で紛失・水没と散々でしたが、3人チームで臨んだ結果良い映像が撮れました!

(各種許可取得済)

 

やはり、紛失・水没していたのですね。

ゲリラ花火大会、今年もやるのかな?

 

板野サーカス

www.youtube.com

 

おまけ↓

www.youtube.com

 

 

今から30年以上前の話ですが、府中競馬場に現在のような立派な観客席が完成する前のことです。

当時働いていた職場の人達やその家族と府中競馬場の花火大会を見に行きましたが、当時は観客席も土のところがあり、そこにブルーシートを広げてビールを飲みながら皆で花火を見ていました。

現在の府中競馬場花火大会も素晴らしい演出で良いのですが、当時は打ち上げる場所と観客席が異様に近くて、花火を見るのに首が痛くなるくらいの至近距離でした。

時には、花火のかけらが頭の上から降ってくることもありました。

あれほどの至近距離から見ることのできる花火大会が、今も日本のどこかにあるのでしょうか?

 

 

関連記事:

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

「Holly Humberstone」(動画)

Holly Humberstoneのライブに行ってきました。

場所は渋谷のクラブクアトロ

 

CLUB QUATTRO(クラブクアトロ)

 

彼女はイングランドはグランサム出身のシンガーソングライター、年齢は現在22歳。

ラジオで彼女の歌声を聴いて興味を持ち、spotifyでアルバムを聴いてみるとかなり良かったので、当院のBGMにも使用していました。

彼女は2022年のUKブリットアワードでは、過去にはアデルほか錚々たる面々が受賞してきた、注目の新人に贈られる賞「Rising Star」も受賞しています。

私はHolly Humberstoneの声質がとても好きなのですが、ライブではその声質がより際立って本当に良いライブでした。

またMVなどではクールで大人びた印象がありますが、「アリガトウゴザイマス」と言いながらMCで話している姿はやはり22歳の女の子という感じで、映像のイメージとのギャップも良かったですね。

ちなみに彼女のお姉さんは、現在日本に留学中だそうです。

 

Holly Humberstone - Wikipedia

Brit Award for Rising Star - Wikipedia

 

では、Holly Humberstoneの曲を3曲ほど御紹介。

最後の曲はPrinceのカバーですが、私が気に入っているので入れてみました。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

Holly Humberstoneのyoutubeチャンネル↓

Holly Humberstone - YouTube

 



関連記事:

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

「ゆめのきクリニック」

5月に本郷三丁目駅近くに開院された「ゆめのきクリニック」院長の長谷川雅江先生が当院にいらっしゃいました。

長谷川先生はケイシー療法に関する知識が豊富で、クリニックでは保険診療の他にケイシー療法や、夢分析のカウンセリングなどもおこなっているそうです。

一般的なクリニックでは満足な結果が得られなかった方などは、一度相談してみてはいかがでしょうか。

また、長谷川先生はエドガーケイシーセンターのリーディング翻訳作業にも協力している方です。

私もケイシーセンターのリーディング検索システムを使用することがあるので、以前から翻訳者の欄に名前を見かけることはありましたが、長谷川雅江さんが医師だということ、そして5月に白山のお隣の本郷にクリニックを開院されたということも当然知りませんでしたので、少々驚きました。

今年の2月には、治療にケイシー療法を取り入れたいという精神科医の方も当院にいらっしゃいましたが、現代の一般的な医療とは違う視点を持ち、その考えを実践されている医師がいるということは本当に嬉しいかぎりです。

今後、日本でも西欧諸国のように、西洋医学の医師とオステオパスなどの連携が深まると良いですね。

 

こちらは「ゆめのきクリニック」のサイト↓

www.yume-no-ki.net

 

当院の受付カウンターにカードを置いておきますので、興味のある方はご自由にお持ちください。

私が時々参拝する、本郷薬師のすぐ近くですね。

 

関連記事:

 

「エドガー・ケイシーとは」

 

「ケイシー・リーディング(1)」 

 

「ケイシー・リーディング(2)」

 

「ケイシー・リーディング(3)」

 

「ケイシー・リーディング(4)」 

 

「ケイシー・リーディング(5)」 

 

「ケイシー・リーディング(6)」 

 

「ケイシー・リーディング(7)」 

 

「ケイシー・リーディング(8)」

 

「ケイシー・リーディング(9)」 

 

「ケイシー・リーディング(10)」

 

「ケイシー・リーディング(11)」

 

「ケイシー・リーディング(12)」 

 

「ケイシー・リーディング(13)」 

 

「ケイシー・リーディング(14)」 

 

 

 

 

「新たに4冊入荷しました。」

現在取り組んでいることがあり、必要に迫られて新たに4冊の本を購入いたしました。

待ち合いの本棚に並べておきますので、興味がある方はご覧ください。

 

・「ハーブのすべてがわかる事典」 ジャパンハーブソサエティー著

 

・「アロマテラピー精油事典」 バーグ文子著

 

・「生薬と漢方薬の事典」 田中耕一郎編著

 

・「スパイス百科」 丁宗鐵著

 

・待ち合いの本棚に置いておきます。

 

・マンガもどうぞ。

f:id:hakusanoste:20200922134744j:plain

 

 

 

 

「さらさ - Amber」(動画)

今回は、最近私が気になった若手のシンガーソングライターをご紹介。

名前は「さらさ」、湘南生まれの現在23歳。

初めてさらさの曲を聴いたときには、その特徴のある歌声が印象的でした。

先日はJ-wave Hot100にもゲスト出演していましたね。

こちらは、さらさのインタビュー記事↓

news.yahoo.co.jp

 

数日前に新曲「Amber」のMVが公開されました。

さらさの曲を聴いていて、雰囲気がデビュー当時の宇多田ヒカルに少し似ているなと思っていましたが、ちょっと意識し過ぎなような気が・・・。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

「Automatic」がリリースされてから25年になるのですね。

ちなみに私はカップリング曲の「Time will tell」の方が好きでした。

 

 

 

「ガーゼマスク、差し上げます。」

当院に来院されている方から「もし欲しい方がいれば差し上げてください。」と厚生労働省のガーゼマスク100枚をいただきました。

ご希望の方に差し上げますので、お気軽にお申し付けください。

 

 

 

 

 

 

「湯島天神祭」(動画)

先日、知人からお呼びがかかり、4年ぶりにおこなわれた湯島天神祭に参加してきました。

 

湯島天神公式サイト

 

本来なら全ての町会がそれぞれの神輿を担いで宮入りをするのですが、今年はまだ時期尚早ということで、湯島天神の鳳輦・神輿二基を台車にて巡行する形で行われ、最後に本社神輿を担いで宮入する形となりました。

今年は完成までに3年の年月をかけた本宮神輿(もとみやみこし)の初の巡行、これまでの神輿は長野県長野市にある分社に移るそうです。

 

湯島天満宮信濃分社

 

当日の写真をいくつか紹介いたします。

 

 

湯島天神鳥居前。

 

神輿二基・鳳輦と宮司

 

巡行スタート。

 

先頭は菅原道真公かな?

 

今年完成した神輿、輝いていました。

 

神輿と高層ビル。

 

神田明神前。

 

 

当日の様子がyoutubeにupされていました。

www.youtube.com

 

私も後半の宮入の部分で数秒間映っていましたが、分かるかな~。

来年は神田明神祭。

1年後には皆で神輿を担げるようになっていますように。

 

 

 

「UFO写真?」

前回の記事のつづき。

今回は私が以前に撮影したUFOらしきものの写真です。

日付は2021年7月14日、撮影場所は富士山山頂。

 

1, AM4:35

富士山山頂からの御来光、ここにはUFOらしきものは映っていません。

 

2,AM4:39

上の写真を拡大したもの

 

3,AM4:40

上の写真を拡大したもの

 

4,AM4:55

上の写真を拡大したもの

 

ちなみに富士山はUFOが頻繁に出現する場所の一つのようです。

 

 

 

「UFO映像?」(動画)

先日、米国議会において約50年ぶりにUFOに関する公聴会が開かれたというニュースがありました(正式にはUFOではなく UAP:Unidenfied aerial phenommena「未確認航空現象」の公聴会

内容的には、ほぼ茶番劇のようなものだったようですが・・・。

www3.nhk.or.jp

 

前回の記事ではエンリケバリオス著「アミ 小さな宇宙人」3部作の一つ「もどってきたアミ」の内容を紹介しましたが、今回は最近見たUFO映像らしきものの中で比較的信頼性の高そうなものを紹介いたします。

こちらは国際宇宙ステーションISS)のライブカメラにより撮影されたものです。

ISSでは常時ライブ映像を配信していますが、2022年5月6日のライブ映像に映っていた30個ほどの動く光体です。

まずは現在のISSライブ映像(もしかするとこの瞬間にも謎の物体が映りこんでいるかも!)。

eol.jsc.nasa.gov

 

そしてこちらは2022年5月6日のアーカイブ映像。1時間12分あたりから見てください。

video.ibm.com

 

これがUFOならば、明らかに彼らはISSライブカメラによって撮影されることを意図していますよね。

しかし、今の地球の現状では正式なコンタクトはしばらく先かな。

 

次回は私が以前に撮ったUFOらしきものの写真を紹介いたします。

お楽しみに~~。

 

関連記事:

ameblo.jp

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

hakusan-oste.hatenablog.com

 

 

 

 

 

「アミの言葉。」

今回は、前回の「神との対話③」と関連する内容。

こちらはエンリケバリオス著「アミ 小さな宇宙人」3部作の第2弾「もどってきたアミ」から、

人が苦しむということに関してのアミの言葉を要約してみました。

 

本当の自分に見合った行動をしていないとき、

自分のあるべき水準で行動していないとき、

本来の自分より低い水準で、なにかをしたり考えたりするたびに、

その結果として、人は苦しむことになる。

反対に、あるがままの自分自身の良い部分にしたがって行動すれば、

その人の人生は常に天国そのものになる。

 

               「もどってきたアミ」より

 

 

「サブスクで中島みゆきを聴くには。」(動画)

今回は前々回からの北海道つながりで、中島みゆきさんに関して。

私は普段音楽を聴くとき、あるいは白山オステオパシーのBGMには音楽配信サービスのSpotifyを利用しています。

日本でSpotifyのサービスが始まった頃は、聴くことが出来ない日本人アーティストも多かったのですが、最近ではほとんどの日本のアーティストの楽曲を聴くことが出来るようになりました。

しかし中にはそのアーティストのポリシーなのか、聴くことが出来ないアーティストがいます。

その一人が中島みゆきさん。

以前は全ての音楽配信サービスで中島みゆきさんの楽曲を聴くことは出来ませんでしたが、現在はAmazon musicにおいてシングル盤限定ではありますが中島みゆきさんの曲を聴くことが出来ます。

詳しくをこちらをご覧ください↓

neatnobibouroku.info

 

それにしても中島みゆきさんは、デビュー以来コンスタントに素晴らしい曲を世に送り出していますが、これほど長期間に渡って名曲を発表しつづけているアーティストも珍しいのではないでしょうか。

以前によみぃさんが中島みゆきさんの「時代」をピアノで弾いている動画を記事にしましたが、中島みゆきさんが「時代」を作詞、作曲したのは23歳だそうです(ちなみに中島みゆきさん、よみぃさん、ともに札幌市出身)。

hakusan-oste.hatenablog.com

 

中島みゆきさんの楽曲でオフィシャルMVがあるものは少ないのですが、その数少ないMVを紹介いたします。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

いずれも名曲ですが、個人的にはももクロに楽曲提供した「泣いてもいいんだよ」のMVの中島みゆきバージョンを、ぜひ作ってもらいたかったです。

 

ところで中島みゆきさんは私が小学校高学年~中学生くらいの時に、ラジオの深夜番組オールナイトニッポンのパーソナリティーをしていました。

歌では「うらみ~ま~す~、うらみ~ま~す~、あんたのことを~、死ぬま~で~~~」などと歌っている人が、実はこんなに面白い人だったのかと当時多くの人たちがラジオを聴いて衝撃を受けていました。

youtubeに当時の番組を録音したものがupされていたので、こちらも紹介いたします。

 

www.youtube.com

 

 

サブスク解禁していないアーティストと言えばマキシマム ザ ホルモンも有名ですが、亮君が一生サブスクはやらないと宣言しちゃってるので、今後もサブスク解禁は無理かな~。