健康に関すること全般

「今度は家畜の放牧禁止。この国はどこへ行こうとしているのか?」

安倍政権・農林水産省は、家畜の放牧を禁止しようとしています。 感染症対策という名目ですが、畜舎に閉じ込められた牛と、陽光を浴びながら牧草地で草を食んでいる牛、どちらの免疫力が高いかなど、素人でも分かります。 畜舎に閉じ込められて免疫力の低下…

「種苗法に関して更に調べてみた(2/3)。農水省との一問一答(1/2)」

先日お電話を頂いた農水省の担当者の方との内容を確認してみましたので、その内容と、より具体的な私からの提案です。 まずは、農家の自家増殖に関する部分。 以前に私がお話を伺った農水省の担当者は、 ・開発者が品種を登録する際の持ち出し制限国の指定 …

「農水省からTELがありました。」

先日の記事において、 「農水省担当者は農家の自家採種禁止を行なわなくても、種苗の持ち出し制限国の規定と税関・検疫所の強化だけで登録品種の海外流出は防げると明言」 と書きましたが、その上司の方からお電話を頂きました。 「税関・検疫所だけでは不十…

「シャインマスカット苗は2010年前後には誰でも合法的に購入して合法的に海外に持ち出すことが出来た。」

先日の「種苗法に関して更に調べてみた。(1/2)」 という記事内において、このように説明しました。 現状では私も含めて誰でも日本国内の登録種苗を、中国、韓国、オーストラリアなどへ合法的に持ち込むことができます。 それはこれらの国はUPOV条約に…

「種苗法改正は、地域の絆を崩壊させます。」

前回の記事の続きを書こうと思っていましたが、まだ安倍政権・農林水産省が今国会での種苗法成立を諦めていないということが分かったので、まずはこちらの記事。 これまで何度か引用したマリー=モニク・ロバン著「モンサント」の内容です。 こちらは以前の…

「種苗法に関して更に調べてみた(1/3)。」

今国会での種苗法改正の審議は見送られましたが、私の中でまだ理解が不足している部分があり、横浜植物防疫所と農林水産省食料産業局知的財産課に電話で聞いてみました。(審議はまだ見送られていませんでした。6/1追記) 私のような一般人の質問に、どちら…

「種苗法改正案、今国会での成立見送り。」

種苗法改正案の今国会での成立が見送られることになりました。 www.agrinews.co.jp www.sankei.com mainichi.jp www.jiji.com 種苗法改正案の問題点に関して、テレビ番組では一切取り上げられたことはないでしょうし、主要な新聞社でも一切問題にしていませ…

「5月も通常営業いたします。」

東京都の緊急事態措置延長により最近「先生のところは大丈夫ですか(休まず続けてもらえますか)?」と尋ねられることが多いので、一応書いておきます。 オステオパシーは日本においては整体院のカテゴリーに入り、東京都の緊急事態措置による休止要請の対象…

「[新型コロナ]タイで「野菜育てる」国民運動」

こんなニュースがありました↓ www.agrinews.co.jp 記事抜粋↓ キャンペーンは、故・プミポン前国王が提唱した「足るを知る経済」の哲学に基づく。 プミポン氏はアジアの通貨危機を経て、“ないものねだり”はせず、地域の循環や持続可能な農業や暮らしを大切に…

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」

今回は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」についてです。 「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、平成27(2015)年9月25日に、ニューヨーク・国連本部で開催さ…

「種苗法関連記事。」

当院に来院している方から、種苗法関連の記事を送っていただきました。 iwj.co.jp iwj.co.jp ivoryfrog5.sakura.ne.jp organic-newsclip.info www.nikkanberita.com 一方からの記事だけでは不公平ですので、遺伝子組み換え作物、除草剤ラウンドアップ推進派…

「日本国内の『除草剤ラウンドアップ』の使用基準に関する事実。」

今回は、モンサント社の遺伝子組み換え大豆「ラウンドアップレディー」に使用される除草剤である「ラウンドアップ」の農林水産省農薬使用基準について書きたいと思います。 なお、記事が長くなってしまいましたので、食品のグリホサート残留基準に関しては次…

「巨大企業モンサントの世界戦略」(動画)

前々回の記事「種苗法改正法案が成立するとどうなるのか-アメリカ篇」において、次の種苗法関連の記事は「日本国内の『除草剤ラウンドアップ』の使用基準、残留基準に関する事実。」というタイトルだと書きました。 しかし、初代ラウンドアップの詳しい情報…

「種苗法改正法案が成立するとどうなるのか-アメリカ篇」

政府が今国会での成立を目指している種苗法改正案において、農家の自家採種を禁止するのは「日本の種苗が海外に流出しないようにするため」と政府は説明しています。 例えば政府はシャインマスカットが海外に流出したことを例に挙げますが、本当にそのために…

「種苗法改定法案いよいよ審議入り。」

種苗法改定法案が、4月16日(木)に審議入りするようです。 【拡散希望】16日(木)農水委員会で極重要法案が審議入り⚠️農家がタネ採りする権利の規制を農家なしで決める。他国が主食の種だけは守る中、日本は一律禁止タネの開発データは企業に提供。食糧…

「『HK マスク』& 関連ニュース」(動画)

当院に来ている方が、「これから家で『HK マスク』を作る」と言っていたので、HKマスクを知らなかった私は少し調べてみました。 「HK Mask」とは 香港の一流大学で教鞭を執っていた鄺士山(クウォン・シーサン)化学博士が開発、2月21日に発表された手作…

「種苗法改定反対署名、ご協力ありがとうございます。」

皆様にお願いしておりました種苗法改定の反対署名ですが、3月25日に板橋区にある農民連事務所に、私の分も含め34名分の署名を届けてきました。 その後も、自宅でダウンロードして持参して下さった方の署名が12名分集まりましたので、まだ間に合うかど…

「BCGワクチンがCOVID-19(新型コロナウイルス)に有効の可能性、特にTokyo 172株。」

オーストラリア第2の都市、メルボルンにある医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」が27日、結核予防に使われるBCGワクチンが新型コロナウイルスに効果があるかどうかを調べるため、WHO=世界保健機関の承認を受け…

「種苗法『改定』の中止を求める請願署名」のお願い。

当院受付横に、農民運動全国連合会(農民連)が呼びかけている「種苗法『改定』の中止を求める請願署名」の用紙を置きました。 前回、私が書いた記事を読み内容を理解いただいた方は、記入していただければと思います。 当院で記入していただいた方、あるい…

「種苗法改正法案の問題点」(動画)

日本がコロナウイルス拡大の瀬戸際に立たされているなか、3月3日に種苗法改正法案が閣議決定されました。 森友学園問題のさなか、籠池泰典氏証人喚問と同じ日にわずかな時間で審議を打ち切り、種子法廃止法案を採決したことを連想させます。 3月2日の安…

「トリチウム - その2」

「東京電力福島第1原子力発電所において発生しているトリチウム汚染水は、海洋放出するしかないのではないか。」と、2013/09/16の記事に書きました↓ ameblo.jp 私がこの記事を書いてから6年半ほど経ちましたが、経済産業省は海洋放出という最終決定を下すこ…

「COVID-19(新型コロナウイルス)対策は伝統的な日本食?」

当院に来ている方から、COVID-19(新型コロナウイルス)に関する新たな情報をいただきました。 COVID-19の作用機序から、その防止対策まで詳細に書かれている記事です。 私は専門家ではないので実際のところはわかりませんが、全体的に筋の通った内容のよう…

「種苗法改正について。」

先日、当院に来院されている方から種苗法改正について意見を求められ、不勉強だった私は少し調べてみました。 数年前には農家の反対を押し切って国会において種子法廃止案が可決されましたが、今度は種苗法を改正しようと政府は目論んでおり、農家のあいだに…

「がんに関する考察。(3/3)ー がん細胞とバッタの相変異2」

今回は昆虫学者の前野 ウルド 浩太郎氏の著書を参考に、バッタの相変異について書きたいと思います。 なお、前野 ウルド 浩太郎氏は秋田県出身の純粋な日本人。 「ウルド(Ould)」とはモーリタニア語で「〇〇の子孫」という意味のミドルネームで、彼がモー…

「がんに関する考察。(2/3)ー がん細胞とバッタの相変異1」

私は体内のがん細胞とバッタの相変異には共通性があると考えていますので、今回はバッタの相変異についての概略を説明したいと思います。 「バッタの相変異」 トノサマバッタ、サバクトビバッタなどは個体密度が増加すると、その形態や能力を変化させる能力…

「がんに関する考察。(1/3)」

がんは西洋医学的には悪性腫瘍とも呼ばれるように、徹底的に排除しなければいけない「わるもの」だという考えが、一般的ではないでしょうか? しかし私は、がん細胞とは体内環境が何らかの原因により悪化することにより、その過酷な環境下で正常な細胞が必死…

「オステオパシー総覧(上) ー 腫瘍学」

今回は「オステオパシー総覧(上)第35章 腫瘍学」(アメリカ・オステオパシー協会編 森田博也訳)から、 ・オステオパシーのアプローチ ・OMTの適応症 以上2項目を抜粋して転載いたします。 なおOMTとはオステオパシック・マニピュレーティブ・トリート…

「Tumor(腫瘍)」

今回は前回の記事に関連して、オステオパシーの創始者A.T.スティルの著書「Research & Practice」(1910出版)から、「Adominal and other Tumors(腹部及びその他の腫瘍)」の部分を紹介します。 今回の日本語訳は、以前に医療翻訳の専門家に私が依頼したも…

「東芝のがん検査キットとケイシーリーディング。」

先日、 「東芝が血液1滴から13種類のがんを発見できる検査キットを開発した。」 というニュースがありました。 この検査キットでは、13種類のいずれかのがんにかかっていることが1度で分かり、採血から2時間以内で結果が出るそうです。 こちらは日本経済新聞…

「アトピーの脱ステロイドに関して。」

近頃、私が問題だと思っていることを書きます。 それは、一部の自称「自然派」?の医師達が提唱しているアトピー性皮膚炎の 脱ステロイドの方法です。 その方法とは簡単に書くと、 ・ステロイドを一切塗らない ・保湿剤も塗らない ・風呂にも入らない ・タン…