言葉集

「神は万事単純を好み給う。」

故中曽根康弘元首相の葬儀に、国費から9,643万円が支出されるというニュースがありました↓ www.nikkan-gendai.com 「故中曽根康弘」内閣・自由民主党合同葬儀実行委員会及び同幹事会合同会議資料↓ https://www.cao.go.jp/others/soumu/goudousou/goudoukaigi…

「『ゴールデンカムイ』1-23巻入りました。」(本)(動画)

漫画「ゴールデンカムイ」の1-23巻が入荷いたしました。 こちらも当院に来ている方にオススメされてネットで1巻を試し読みしたところ、かなり面白かったため、最新刊までまとめて購入してしまいました。 コロナに関して調べる作業が一段落するまではと…

「キャリー・マリス博士の言葉」

今回はPCR法の発明によりノーベル化学賞を受賞した、故キャリー・マリス博士の言葉を博士の自伝「マリス博士の奇想天外な人生」から、いくつか紹介いたします。 科学とは一種の方法であり、その方法によって科学者が導き出した結論を確かめてみたいと思う人…

「無題。」

自分の命を救おうとするものは、それを失い、それを失うものは、保つのである。 あなたがたに言っておく。 その夜、ふたりの男が一つ寝床にいるならば、ひとりは取り去られ、他のひとりは残されるであろう。 ふたりの女が一緒にうすをひいているならば、ひと…

「amazarashi『つじつま合わせに生まれた僕等』」(動画)

今回は、こちらをどうぞ。 amazarashi 誦読『つじつま合わせに生まれた僕等 (2017)』 Music Video つじつま合わせに生まれた僕等 2017 / amazarashi 作詞・作曲:秋田ひろむ 遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水が湧いた やがてそれは川になり そこに群…

「日本とポーランドの『歴史的な絆』」(動画)

何故かは分かりませんが、youtubeのおすすめに出てきたので、皆さんにもおすすめします。 海外 感動「世界各国に支援要請の手紙を送った結果…唯一返事をくれたのは遠く離れた島国日本だった」皇后陛下が抱きしめた少女とは?!【皇室・天皇】日本とポーラン…

「amazarashi『古いSF映画』」(動画)

先日につづき、今回もamazarashiの楽曲です。 今回は「古いSF映画」をどうぞ。 amazarashi 『古いSF映画』 2011/11/09 「古いSF映画」作曲・作詞︰ 秋田ひろむ 昨日の夜遅く テレビでやっていた映画を見たんだ未来の世界を舞台にした 海外の古いSFすでに世界…

「無題。」

これまで何年も人は過去の情報に基づいて行動してきました。 もう過去の習慣どおりに行動することは許されません。 「これまでいつもこういうふうにやってきたのだ」と言って、 そのとおりにやろうとするのはもう通用しません。 今必要なのは、全身全霊で注…

「義農作兵衛」

皆さんは、義農作兵衛を知っているでしょうか? 2018年4月28日放送のFM福岡 ヒューマンストリートが義農作兵衛を取り上げており、分かりやすい説明文がありましたので、転載いたします。 FM福岡 ヒューマンストリート 2018年4月28日「命の種」 数ある穀物の…

「今度は・・・。」

今度は株式会社ユースビオですか。 日本国政府はこの裏で、いったい何をやっていることやら・・・。 ちなみに、こちらは当院に来ている方から教えていただいたもの。 内閣府はこの計画に今年度1000億円(今後3年間で3000億円は確定)↓ www8.cao.go.jp ムーン…

「ヨハネの黙示録とCOVID-19(新型コロナウイルス)とBCG (1/2) 」

以前、COVID-19(新型コロナウイルス)とBCGとの関連について記事を書きましたが、今回は全く違う視点から、これらについて書きたいと思います。 この記事を書くにあたり最初に断っておきたいのですが、これまで私のブログを読んできた方ならば御承知の通り…

「ケイシー・リーディング(14)」

(問) 私はどのような分野の仕事で、経済的に一番成功するでしょうか? (答) 「経済的に」という考え方をやめよ。 経済は、あなたが正直で誠実な生き方を心がけ、他の人々があの道を知ることができるような人物になろうとすることの結果とせよ。 そうすれ…

「無題。」

For what will it profit a man if he gains the whole world and forfeits his soul? Or what will a man give in exchange for his soul? (Matthew 16:26) 人が、たとえ全世界を手に入れたとしても、魂を失えば何の益があろうか。 その魂を買い戻すのに、…

「無題。」

真実は、質問されることを決して恐れない。 Ramtha

「無題。」

「東芝のがん検査キットとケイシーリーディング。」

先日、 「東芝が血液1滴から13種類のがんを発見できる検査キットを開発した。」 というニュースがありました。 この検査キットでは、13種類のいずれかのがんにかかっていることが1度で分かり、採血から2時間以内で結果が出るそうです。 こちらは日本経済新聞…

「無題。」

そうなさろうとするあなたの動機は何でしょうか? 大切なのは、その動機です。 シルバー・バーチ

「インド訪問記(10)完」

3月20日(水) インド最終日。 本日は午前中はフリー、12時にホテルのロビーでガイドさんと待ち合わせをして、ダクシナチトラ(Dakshinachitra)、ヴィヴェーカーナンダハウス、マリーナビーチ等に行き、0:20発のマレーシア航空MH070便でチェン…

「ケイシー・リーディング(13)」

自分を宣伝するのではなく、 穏和、親切、温かい言葉、希望、陽気、 常に創造的な力を人に与えること等々を、 日々に示すのだ。 No,2031-1 現在、当院のオリヅルランの花が咲いています 関連記事: 「エドガー・ケイシーとは」 「笑いの効能(3)」 「ケイ…

「修証義」

全米オープンテニスで優勝した大坂なおみ選手、素晴らしいですね。 大坂なおみ選手や野球の大谷翔平選手の振る舞いを見ていると、年齢の高さと 精神性の高さには、それほど関連は無いようです。 では今回は「修証義」(しゅしょうぎ)から第十九節をご紹介。…

「無題。」

自分が創造したいもののなかから、 自分にとって最も大事なことを選ぶのです。 あらゆる可能性のなかに必ず一つ、 あなたを心から喜ばせ、満たし、 あなたの最高レベルの目標と調和するものが 存在します。 バーソロミュー <関連記事> 「七つのアドバイス…

「『誰か見てるぞ』よりも・・・。」

街を歩いていると、このようなステッカーやポスターが貼られているのを 見かけることがあります↓ このステッカーによって犯罪の発生を抑止しているそうですが、私はこの 言葉に非常に違和感を覚えます。 「誰かが見ているから悪いことをしない」ということは…

「無題。」

私達は覚えているのです。 生活の中の偶然の一致、共時性、デジャヴュなどに 十分に注意を向けるのはとても重要です。 それらはしばしば、私達の魂の計画と、この人生で 私達が歩んでいる実際の道が、一致したことを 示しているからです。 ブライアン・L・ワ…

「本物」

今回は当院にも置いてある名作バスケットマンガ「スラムダンク」より、 私の特に好きな場面の一つ。 全国大会準決勝にて、”王者”山王工業と対戦した湘北高校。 その試合中に湘北高校の1年生エース流川楓が、山王工業3年生の エース沢北に1on1を挑み、敗…

「無題。」

本当に決意するまで、人はどこかにためらいがあり、 退却の可能性を残しており、必ず何かしらうまくいかない。 人の発意と想像の行為には、基本的な真理が一つある。 それを知らないがために無数のアイデアや素晴らしい計画が ダメになってしまう。 人が固く…

「無題。」

あなたが本当に神の息子であり娘であるのなら、 その意味するところを完全に実践するときが 来たのではないでしょうか。 神はあなたに最悪を望んではいないし、 ありきたりでさえも、望んではいません。 神があなたに望んでいるのは、最高のいのちの輝きです…

「バシャール」

先日6月9日に「The Fire」という題で、キナ・グラニスの曲を紹介した際、 以前にキナ・グラニスを紹介した過去記事を貼り付けましたが、その過去記事 の中で、私はバシャールがよく使用するフレーズを引用していました。 そこで久しぶりにバシャールのサイ…

「無題。」

苦難は無くてはならぬものなのです。 いったい霊性の向上はどうすれば得られるのでしょう。 安逸をむさぼっていて得られるのでしょうか。 楽ではないからこそ価値があるのです。 もし楽に得られるのであれば価値はありません。 身についてしまえば楽に思える…

「ケイシー・リーディング(12)」

今回は46歳の男性がケイシーにした質問と、その答えです。 このリーディングを読んだのが約2年前、まさに私が46歳の時でした。 (問) 私の人生で何を変える必要がありますか? (答) 魂が、実体が、同胞への祝福の水路にならんことを求めるにつれて、…

「ケイシー・リーディング(11)」

前回の記事では、私がオステオパスとして参考にしているのはDr.スティル、 Dr.フルフォードの他には、エドガー・ケイシーのリーディングであると 書きました。 私はジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー在学中、現代のオステオパシー 理論にどうしても…