「煉獄杏寿郎の母の言葉。」

今回は「鬼滅の刃」より炎柱・煉獄杏寿郎の母、煉獄瑠火の言葉。

長く生きられないことを悟った煉獄瑠火は、幼き杏寿郎を病の床に呼び、自らの想いを伝えます。

 

 

なぜ自分が人よりも強く生まれたのかわかりますか

 

弱き人を助けるためです

 

生まれついて人よりも多くの才に恵まれた者は

その力を、世のため、人のために使わねばなりません

 

天から賜りし力で、人を傷つけること

私腹を肥やすことは許されません

 

弱き人を助けることは、強く生まれた者の責務です

 

責任を持って果たさなければならない使命なのです

 

決して忘れることなきように

 

 

 

 

 

杏寿郎は立派に母の想いに応えます。