「マキシマム ザ ホルモン」(動画)

この度、マキシマム ザ ホルモンのライブチケットをゲットすることができ、初めてワンマンライブに行ってきました。

マキシマム ザ ホルモンは、毎年夏に石狩湾新港樽川埠頭にて開催されるRISING SUN ROCK FESTIVALの常連なので過去に何度も見てきましたが、彼らのライブには行ったことがありませんでした。

まずはマキシマム ザ ホルモンを知らない方のためにと、youtubeで彼らのライブ映像を探してみました。

すると海外の方のリアクション動画にMETROCKでのライブ映像がありましたので、まずはそちらをごらんください。


Maximum The Hormone - Live Compilation REACTION!

 

  

マキシマム ザ ホルモンのライブチケットも非常に入手困難なのですが、今回は運良く当選してしまいました。

どのくらい入手困難なのかということですが、daisakusen yamabitoさんがyoutubeにupした怒りのMAD動画に書かれています。

この動画、当ブログの倫理規定(そんなのあったか?)に抵触する恐れがあるため、見てみたい方はyoutubeで、

 

【MAD】マキシマム ザ ホルモン 新録版"握れっっっっっっっっ!!!!"

 

と入力して検索してみてください。

なお、良識ある正しい大人の方々は視聴しないことをおすすめします。

仮に視聴してその内容に憤慨されても、当方は一切責任を持ちませんので。

ちなみにこのMAD動画、その膨大な知識量、制作技術、センスなど、とてつもないものです。

この動画を見つけたマキシマム ザ ホルモンのスタッフがバンドメンバーに見せたところ、あまりの完成度の高さに、制作した彼をライブに招待しようということになり、daisakusen yamabitoさんがマキシマム ザ ホルモンのライブに無料招待されたという嘘のような本当の話があります。

 

また彼らは過去に転売対策として、こんなこともやっています↓

 https://www.oricon.co.jp/news/2077289/full/  

最近は電子チケットが普及してきたので、転売屋の皆さんはさぞお困りでしょうね。

 

マキシマム ザ ホルモンのMAD動画と言えば「F」も有名です。

こちらも凄すぎて公式に認められたMAD動画ですので、削除されることなく見ることができます。

こちらも内容的に微妙なものがありますので気になる方は、

 

【MAD】マキシマム ザ ホルモン × DRAGON BALL Z 【再アップ】

 

で検索してみてください。 

この「F」という曲にもエピソードがありますが、詳しくはこちらをお読み下さい↓

 

https://realsound.jp/2015/01/post-2164.html

 

以下は上記のサイトに書かれていた、劇場版アニメドラゴンボール復活の「F」』制作に際しての鳥山明先生のコメントです↓

 

今回、フリーザが復活します!
「F」はフリーザのFです。
これは、映画の次回作の話をあれこれ悩んでいた頃、友人を通じて知り合った「マキシマム ザ ホルモンの「F」という曲を聴いてひらめいたアイデアです。
「F」はフリーザのことを、えげつなくもカッコよく歌った曲です。
もちろん、ただ復活しただけじゃないので、すさまじい対戦をどうぞお楽しみに!

 

 

 

今回のライブ、私のような中途半端なファンが行くのは熱烈なホルモンファンに対して大変申し訳ないと思いつつ行きましたが、評判通り凄かったです。

会場はZepp DiverCity TOKYO、広大なフェス会場で数千人がヘドバンをする光景も壮観ですが、やはりライブハウスはフェスとは違った熱量があります。

曲の盛り上がり、ダイスケはんとナヲさんの絶妙な絡み、ライブに来ているのは当然のことながら全てホルモンファンですから盛り上がらない訳がありません。

反省点と言えば、私ももっとしっかりと曲を聞き込んで行くべきだったなということですね。

曲によっては周囲の人達についていけず、本当に今回行くことが出来なかったホルモンファンに申し訳なく思ってしまいました。

次回、当選した際のために今後は過去の曲、新しい曲ともにしっかりと聞き込んでいこうと思います。

ところで亮君はライジングではもっとしゃべっていた印象なのですが、今回のライブではほとんど話していませんでした、いつもあんな感じなのでしょうか?

それとも痩せすぎでパワー不足?

亮君は生活習慣病で医師から「このままじゃ死にますよ。」と言われて急激なダイエットをして外見がすっかり変わってしまいましたし、ダイスケはんは(ヘドバンのやり過ぎで?)頸椎椎間板ヘルニアになってしまいました。 

メンバー全員もう若くはないのですから、麺カタコッテリもほどほどにして本当に身体には気をつけて欲しいところです(50歳を過ぎたおっさんに言われたくはないかもしれませんが・・・)。

体調管理にはオステオパシーがおすすめなので、是非メンバーの皆さんには白山オステオパシーに来て頂きたいです!

 

激痩せ亮君と頸椎ヘルニアダイスケはん


マキシマム ザ ホルモン 『拝啓VAP殿』 Music Video

 

 

  

私の場合、一般発売のみの公演チケットは申し込みのスタート時刻が仕事中のため、人気のある公演はまず入手することが出来ません。

そのため行くことが出来る公演は、先行予約が出来て運良く当選した場合のみに限られてしまいますが、今年は小谷美紗子のグローリアチャペル キリスト品川教会サカナクション幕張メッセ(2日間とも)、立川志の輔さんの赤坂ACTシアターマキシマム ザ ホルモンZepp DiverCity TOKYOと、なかなか良い感じで当選しております。

次の予定は7月のシソンヌ単独ライブ、こちらも楽しみです。

 

では写真を何枚か。

f:id:hakusanoste:20190606193925j:plain

f:id:hakusanoste:20190606193956j:plain

f:id:hakusanoste:20190606194014j:plain

 

 

 

 

さらにオマケ。

今回のライブの対バン「ヤバイTシャツ屋さん(略称ヤバT)」の曲を1曲。

今回のライブで初めて知ったバンドですが、若者にはかなり人気があるようです。

ボーカル・ギターの小山君は中学生の時にマキシマム ザ ホルモンのコピーを始め、今回念願が叶いライブの対バン(というか前座)をすることになったそうです。

 彼らの曲を検索してみたら、再生回数が凄いことになっていてちょっとビックリです。

 


ヤバイTシャツ屋さん - 「ハッピーウェディング前ソング」Music Video

 

 

 

 

ではまた!