「手紙」(動画)

先日、渋谷のマウントレーニアホールで行われた小谷美紗子(おだにみさこ) さんの20周年記念弾き語りツアー2017「旱(ひでり)に雨」に行ってきました。 彼女のデビュー当時、デビュー曲の「嘆きの雪」を聞いて衝撃を受けてから、 20年もの月日が経ってしまいました。 このツアータイトルの「旱に雨」ですが、小谷さんがこの20年の間に枯れ果てて しまいそうになった時に、いつも彼女のことを応援してくれたファンのことを 思い「旱に雨」というタイトルにしたそうです。(ちなみにもう一つのツアー タイトル候補は「地獄に仏」 (^_^) ) 小谷さんは苦しい時にファンに助けられたと言っていましたが、逆に小谷さんの 楽曲に救われたファンも数多くいるはずです。 この20年間、素晴らしい楽曲を作り、歌い続けてくれた小谷さんには本当に 感謝です。 私の20年前と言えば、北海道で農作業をしながら聴いていたラジオから 小谷さんの曲がよく流れていたわけですが、当時は「オステオパシー」という 言葉さえ知らず、現在この白山の地でオステオパスとして働いていることを 考えると、人生というのは不思議なものです。 コンサートではデビュー曲の「嘆きの雪」や、以前に紹介した「真」などの 懐かしい曲もたくさん歌ってくれましたが、今回はアンコールで最後に歌った 「手紙」のMVをどうぞ。 小谷美紗子『手紙』Music Video OdaniMisako-TEGAMI(Music Video) 「手紙」   作詞・作曲・唄 小谷美紗子 ああ あなたに幸せを 必ず持って帰るから 夜の山を 駆け抜ける 列車がひどく 揺れようとも ああ 泣きそうな 駅のホーム 険しい街へのベルが鳴る 早く走れ 見せたくない 見送る人に 涙など 吐息で曇る窓に 指で書いた言葉は いつも 声にならない叫び 帰りたい 会いたい 今すぐに ラララ 大事なことは ラララ 痛みの中 ラララ 言えないけれど ラララ 大好きだよ ああ 人並みの幸せが 欲しくてちょっと生きてるだけ ああ なかなか叶わないね もう神様はいないんだろう でも 信じて神社へ行く 縋り付くように祈ってる そう 大切な人の幸せ 願うこと そのものが神さ 本当に 辛いとき 思い出して 私のこと 眠る直前まで いつもあなたを 思っている ラララ 愛していると ラララ 言えないけど ラララ 心の中で ラララ 指でなぞる ラララ 孤独が創り出す ラララ 優しい夢 ラララ 言葉のない手紙 ラララ 君に届け ああ 大統領選挙みたい 互いの足の引っ張り合い ああ 誰かを蹴落として 誰に平和を誓うのかな ああ この世は凍てつく星 すべてを無くす夜もある でも 空っぽの両手だから あなたにいっぱい 手を振るよ ああ 私は大丈夫 誰に何て言われようと そう 私は悔しくない だって自分を信じてるから だってあなたを信じてるから この「手紙」も収録されている、弾き語りベスト版「モンスター」の Album Samplerです。 「小谷美紗子『MONSTER』ダイジェスト OdaniMisako-MONSTER(Album Sampler)」