「がんに関する考察。(3/3)ー がん細胞とバッタの相変異2」

今回は昆虫学者の前野 ウルド 浩太郎氏の著書を参考に、バッタの相変異について書きたいと思います。 なお、前野 ウルド 浩太郎氏は秋田県出身の純粋な日本人。 「ウルド(Ould)」とはモーリタニア語で「〇〇の子孫」という意味のミドルネームで、彼がモー…

「がんに関する考察。(2/3)ー がん細胞とバッタの相変異1」

私は体内のがん細胞とバッタの相変異には共通性があると考えていますので、今回はバッタの相変異についての概略を説明したいと思います。 「バッタの相変異」 トノサマバッタ、サバクトビバッタなどは個体密度が増加すると、その形態や能力を変化させる能力…

「がんに関する考察。(1/3)」

がんは西洋医学的には悪性腫瘍とも呼ばれるように、徹底的に排除しなければいけない「わるもの」だという考えが、一般的ではないでしょうか? しかし私は、がん細胞とは体内環境が何らかの原因により悪化することにより、その過酷な環境下で正常な細胞が必死…

「オステオパシー総覧(上) ー 腫瘍学」

今回は「オステオパシー総覧(上)第35章 腫瘍学」(アメリカ・オステオパシー協会編 森田博也訳)から、 ・オステオパシーのアプローチ ・OMTの適応症 以上2項目を抜粋して転載いたします。 なおOMTとはオステオパシック・マニピュレーティブ・トリート…

「Tumor(腫瘍)」

今回は前回の記事に関連して、オステオパシーの創始者A.T.スティルの著書「Research & Practice」(1910出版)から、「Adominal and other Tumors(腹部及びその他の腫瘍)」の部分を紹介します。 今回の日本語訳は、以前に医療翻訳の専門家に私が依頼したも…

「2冊、入荷しました。」

漫画が2冊、入荷いたしました。 まずは「3月のライオン」第14巻。 こちらは先月の初め頃に入っていたのですが、お知らせするのをすっかり忘れておりました。 すでに当院で読んだ方も多いかと思います。 最近は川本3姉妹の人気沸騰で、すっかり将棋の場…

「内なるドクター」(本)

今回紹介する当院の本はDr.グラディス・マクギャレイの「内なるドクター」 です。 「ホリスティック医学の母」と呼ばれるマクギャレイ博士は現在98歳で、今も 現役の医師です。 グラディス・マクギャレイ博士は全米ホリスティック医学協会の創立者であり、…

「思うとおりに歩めばいいのよ」(本)

前回、しばらくブログの更新をお休みしますというお知らせをいたしましたが その後も日々、それなりの数のアクセスがあるようなので申し訳なく思い、 出来るだけ手間の掛からない形でと考えて、当院にある書籍や私のお気に入りの 動画などを今後少しづつ紹介…

「3冊入荷しました。」

当院の本棚に、新たに3冊の本が追加されました。 まずはヒカルランドから出た「エドガー・ケイシー療法のすべて」。 全部で6冊出る予定ですが、現在はシリーズの1と2が出ています。 では今後出版されるものも含めて、その内容を書きます。 シリーズ1 ・…

「13巻入荷しました。」

「3月のライオン」ファンの皆様、待望の13巻が入荷しました。 今回のイチオシは、二階堂君!! 関連記事: 「聖(セイント)☆おにいさん」 「マンガっていいよね。」 「 Angel Voice 」 「寂しくなります。」 「水木サンの幸福論」 「アンパン…

「本物」

今回は当院にも置いてある名作バスケットマンガ「スラムダンク」より、 私の特に好きな場面の一つ。 全国大会準決勝にて、”王者”山王工業と対戦した湘北高校。 その試合中に湘北高校の1年生エース流川楓が、山王工業3年生の エース沢北に1on1を挑み、敗…

「霊験修法曼荼羅&阿・吽」

当院に新たなマンガが2タイトル入荷いたしました。 2タイトルともに密教系のマンガです。 みっ‐きょう〔‐ケウ〕【密教】 大日如来を本尊とする深遠秘密の教え。 加持(かじ)・祈祷(きとう)を重んじる。 7、8世紀ごろインドで起こり、唐代に中国に伝わり、…

「本、入荷しました。」

お二方から、マンガと子供向けの本をいただきました。 まず一人目の方からは「デトロイト・メタル・シティ」1~6巻、そして 「聖☆おにいさん」1~8巻。 つづいて、もう一人の方からは子供向けの本各種、そして「NARUTO」1~72巻、 さらに外伝、巻の忍…

「第12巻、入荷しました。」

「3月のライオン」ファンの皆様、9月29日に発売となった第12巻が 入荷いたしました。 この漫画、将棋を題材としたものですが料理ネタもけっこう出てくるので、 作者の羽海野チカさんは、料理もお上手なんでしょうね。 来年春には、実写版の映画も公開…

「阿・吽」

白山オステオパシーで施術をしていると、私の知らない様々な情報が 自然と入ってきます(集まってくる情報には若干?かなり?偏りがある感は 否めませんが・・・)。 先日は、またまた私へのお勧めマンガが届きました。 今回は当院で施術を受けている子のお…

「水木サンの幸福論」

漫画家の水木しげる先生が、11月30日に永眠されました。 享年93歳。 ネット上では、水木先生が書いた「水木サンの幸福論」というタイトルの 本が話題になっており、内容が気になってアマゾンさんをチェックすると 一時的に在庫切れ、更に入荷時期は未…

「イニシエーション」

今回は、最近読んだ本の中からオススメ本を一冊紹介したいと思います。 本のタイトルは「イニシエーション」。 ちなみにイニシエーションの意味を調べてみると、 イニシエーション【initiation】 ある集団や社会で、正式な成員として承認されること。 また、…